2/19 九州2週間の旅総括

2016.02.19
今回の九州を巡った旅での、あれこれ体験を思いつくまま列記は,何かの参考になればと老婆心から。まず都心を突き抜ける高速道完成で、混雑する臨海副都心を通らず,新宿から中央環状で大井まで抜けるので大幅時間短縮は助かる。

初日泊まった波佐見♨️の宿が真新しい宿、俺っちブログ読みましたには?驚いた、オーナー不在だったがロビーに年代物BMW愛車(バイク)展示、今はサイクリング楽しんでると女性ロビーマネージャーから聞かされた。更にこのレデイ世田谷から毎月数日間の出向、ロビーに茶室あり和服姿で顧客接待してる。ここ数年年間100泊以上宿泊体験あるも、茶室設え接待場面あるは初見。思いもかけないお接待受け、またも空港間違えたかと思った程(笑)新しい町づくりの起爆剤になるかも…

2泊目西海橋渡った先の宿、こちら廊下に所狭しと飾られた刺繍画、油絵も素敵だがもっとビックリは無料トイレ海の風快適性を求めた理想トイレとして,西海訪問客に多目的に利用され、ゆとりの空間と旅の憩いを感じてほしい思いで、宿オーナー自費建設した無料トイレには感服したわ。

本渡の連泊宿で携帯充電器忘れ借用に向かうと、フロントで女将が探しだし差し上げますは超有難かった。食事で立寄った場所だが天草温泉施設愛夢里,宿泊もできるので次回体験したいと思ったが、ここのお土産販売所は頂けない、天草産と思い購入したわかめ韓国産だったぜ、山梨県内でも外国産干しぶどう販売してるが、購入客はいずれも普通地元産と思って買うわな、人の弱点つけこむような商法は許せない。産地を良く確認しなかった俺っちも悪いが、売り手の良心を疑い次回購入意欲を失うので、決してお得な商法とは思えない。

阿久根駅前で運良く?スローパンクに気づき、地元ショップ祝日で休業店多く歩き探すより、より大きな街薩摩川内まで輪行して、ホテルチェックイン後ホイールのみ持参で店探しがベストと判断、実行したらドンピシャ宿泊H裏がサイクルショップにはニンマリだった。修理してくれた自転車屋主、フリーホイール眺め乗り込んでますなあ、これでは並の若者顔負けですな、お幾つですか?前ギアは何枚ですか?って聞かれたが、年は80歳と即答できたがギヤ比はわからんでコンパクトの答、俺っちもかなりアバウトだなあと苦笑。前後クリンチャーリムに変更し、パンクしたら自転車屋に持込みが、安全確実で楽かもとふと閃いた。

フェリー欠航で渡航出来ず佐多岬宿を断念、鹿児島市内へ宿探しで向かう途中、道の駅喜入で歩道上走り建物内部確認で、視にくいので前方凝視しながら走行中、歩道上から車道に転倒落車して左胸強打、呼吸も困難な状態から起き上がり、すぐ車体点検するとチェン回るも、前輪膝頭から加重したので大きな振れ発生、ブレーキ全開でもゴム僅かタッチし工具無く、直せずそのまま走行を再開,鹿児島まで50kmほどが遠く雨中の市内でホテル探し,満室リッチモンド天文館で、部屋用意してくれたスタッフ女神に感謝。遠い昔からお気にで会員登録してたこの系列H、俺っち目に狂い無かった良いホテルじゃ。

翌朝痛むは覚悟でホテル前から走り出しは大変も、時間経過と共に回復その後2泊して170kmを完走、よれよれ車輪で左手レバー遠く、腕延びきりメーター斜めに曲がったステムバーで、強風下を走りきった気力は凄いと思うけど、それが褒められたものかどうかわからん。

帰宅後マッサージで主治医兼任の台湾太太に、肋骨折れてると修復受け暫くは自転車乗らないで、もし痛くなったら病院で医者の診断受けるよう宣告され、明日,明後日のクラブラン参加断念する事にした。方々御免でも明後日はCSまではとり合えず,芋ようかん持って行きますぜ。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ