2/15 旅最終宿泊地は霧島市隼人町

2016.02.16
雨こそ降りそうもないが厚い雲が沢山あり、気温は低いわ風は強い最悪デイ、とりあえず合羽は不要と捨て去りダウン着て、ソックス二重重ねばきしたのできつい足元、寒さに耐えるにはこれしかない。今日で旅は終わりになるが、今回中九州から南九州走ったのに寒さの連日に来年は考え直さんといかんと反省。年老いると寒い暑いに耐性なくなる事を身を持って体験したな、予報では今晩冷え込み雪になるような事報じてた、東京じゃないぜ九州の鹿児島だぜ。

鹿屋市からやっと走り付いた宿だというのに、地図と睨みっこして来た道と別道帰ろうとする俺って、どうしてこう未知の道が好きなんだろう。またまた迷うかも知らんのに、わが地図にない広域農道に進入がいけなかった様で、分けわからなくなり大迂回した感じで鹿屋市。見覚えあるR220とR269信号交点札元へ出た時点で、走行メーターすでに30kmを示し,霧島市隼人町まで70km近くあり、昨日の道を大人しく戻るしかなかった。何せ向かい風強烈で車体振られる瞬間もあり、終始緊張走は老齢者には無理、無人の広域歩道?走行し続けたが、歩道は横道あると必ず段差があるので不快。気合入れての車道走で疲労感じては、歩道走行でリラックスの繰り返しで体力回復。

バス停時刻表眺めては長距離走るバス探し、垂水港で客待ちタクシーにJCBステッカーあり聞けば、カードではなくタクシーチケット使用のみ、強烈向かい風に負け犬根性タクシー使うとは何事じゃ、と天の声ありそうだ子供は風の子、神さんも雨にも負けず、風にも負けずって鎌倉通いで勉強してるわ、俺っちも負けて居れん胸の痛みも何のその、よれよれ回る前輪眺めごめんな、俺っちの不注意で迷惑かけた、も少しがんばってなとつぶやく。帰ったらGOKISO新クリンチャーリムに交換を決めた、3年間一度もパンクしてない前輪コンチ4000チューブラーだが、自転車屋に持ち込めば簡単に修理できる便利さを、今回身をもって体験したからな。

到着したホテル京セラ見た目とんでもない近代的ビル、内部も同じく度肝抜かれる建築様式、速度速いエスカレーターに歩く歩道も同じく速い、入り口も回転ドア、カードキーで守られてる保安のすべてが機械化だぜ、誕生20周年迎えるのにいまいち人に知られたないと言ったスタッフに、俺はこういう人の温か味ないホテルは大嫌い、二度と泊まりたくないホテルだよと面と向かって、親切に?断言してあげた。

京セラという企業の性格がそのままホテルに引き継がれてる感じがしてならない。人の温か味感じられるお店で夕飯も外食街でと、ホテルドア開けたが下着洗濯中で着ておらず、ダウンの下は薄手袖無しだけ、あまりのお外の寒さに街に出るを諦め、仕方なくインショップでバイキング。何となんと料金¥2700とはぶったくりよ、お馴染滝の湯バイキングを評価5とするとここ1番じゃないよ評価1点だよ。

本日の走行距離今回旅で最長距離98km 走行時間も最長時間5時間35分 風も寒さも本日最強遊びとはいえよう走ったよ。

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ