2/2 九州に向かって出発

2016.02.01
それは出発前日のこと旅準備終了間際、佐賀空港へフライトが2月2日と判明、旅先宿の初日宿泊日も2日からで、1日出発は間違い俺の勘違いで、慌て購入したリムジンバス予約変更TELするも、深夜で事務所クローズで案内された転送先も、対応の経験ないと大弱りの様子ほんと申し訳なかった。

で開けて2日朝5時半過ぎ起床、真っ暗の町中走って京八駅前バス停に向かい無事乗車、9時45分発ANA981便に無賃乗車じゃない、マイレージ使ってロハの搭乗にニンマリよ。昨日は一日中気温低く寒さの終日だったので出発日でなく助かった。定刻になるもバスの姿なく街中で事故渋滞に遭遇5分の遅れで出発、高速道走行でまどろむと国立過ぎ、緊急自動車飛んでったらノロノロ運転始まりまたもや事故、結構時間余裕持ってたので問題無くすみやれやれ。

なぜかこの日は遅延続き、フライトまでも羽田空港離発着混雑発生で15分遅れ、更に上空強い向かい風受け難儀して佐賀空港を後に自走開始13時半。走り出して3kmあぜ道入って野立放水終えると、工具ボトルのキャップ紛失に気づき空港まで戻るも無し、速度速すぎたかとペース落とし再度のランも徒労。仕方なく中身落ちないようビニ袋をキャップ代わり走り出すも、空港周辺図のみ欠落しジョイント不明、仕方なくコンビニでライトマップル佐賀県購入も、現在地わからずコンビに店員に教示乞う始末。

結局遠回り承知で一度左賀駅まで向かい、自走コースへ向かったので大幅時間ロスも、何とか予定のコースになりホッとするも、夕暮れ時間迫って明るいうちに到着できるか気にしながら武雄温泉、嬉野で波佐見右折の標識見て曲がり走り、波佐見町に着くも温泉見当たらず、行ったり戻ったりで暗くなってしまいラチ明かず、ガソリンスタンド飛び込みSOS、初老の店員さん相手は年配と判断ご親切に、イラストマップで懇切丁寧に教示されたので、よく理解でき18時過ぎ暗い夜道を走り無事到着できた。

温泉地なので路面案内板多数あって、楽に誘導されるものとばかり思ってたら、現実はとんでもなかった。行き先問うもアバウトな答弁では、方向だけ確認できたが細部はとても無理、現地に到着しそれは良くわかった。波佐見の街中でタクシー会社目にし、輪行も考えたが最後の手段に残し、自力を諦めず走り回って解決できたのはスタンドのスタッフのお陰。

終わり良ければすべて良しで到着したホテルが真新しいホテルで、近くにある波佐見温泉がまた素晴らしく、露天風呂で長時間入浴し、朝から飯も食べず走りきり疲労困憊してたが、よく眠れ体力回復に超役立た感じ。

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ