1/29〜30 ベロドローム観戦の旅

2016.01.30
修善寺CSCベロドロームで開催されてるアジア自転車競技選手権大会、最終日観戦をSamに誘われ金曜日に行く事に決めてたら,土曜日が雨又は雪予報がほぼ確定となり雨なら当然クラブラン中止。それなら決勝種目多い土曜日観戦が楽しかろうと、前泊で出かける事にして金曜日マッサ終了後、迎えに来たSamレクサスに同乗、途中小田原うな和で定番昼食うな重。

当初宿泊予定してた仙石原イタリ亭に手違い発生,急遽クラブランで利用した強羅の紀州鉄道Hに変更、勝手知ってるので当日予約の宿変更。うな和では主に喜こばれ食事しながら、談話盛上り楽しいひと時過ごしたが苦労人の話は実になる。かまぼこ鈴広ショップに立寄り,デパートのような店舗内眺めかまぼこ板画展見学したが、かまぼこは籠清が好きなので鈴広では見るだけで店を後にした。

雨は降り止む気配なく降り続き、企画ラン時苦労した強羅駅からの強烈なアップも、本日はレクサス軽快な走りで到着、大湧谷SOSでいっとき休業状態だった箱根温泉街、警戒レベル1に下がり客足ちょい復活したようだが、暗くなった頃隣国の傍若無人輩集団が大型バス3台で到着,静かだった宿が急に騒々しくなり参った。

本館大浴場で仲良し8人組爺様GPと一緒になり、同国人の気安さから喋りかけたら、何と同郷八王子在住者おり話弾む、俺っち住む町のすぐ近くじゃん世の中狭いわ。どこぞの会社に勤め退職した老後も親しく交流、30年になるとか群れる楽しさは最高だよ、大和民族の素晴らしさが肌に伝わり気分高揚した。同じ共同体で苦楽を共にした仲間意識、俺っち体験した事ない世界だが傍から見てうらやましい,今の働く若者達に果たしてこういう体験できるのだろうか?

気温下がって来て雨降り続く窓外眺め、明朝雪に変わらんこと祈りながらいつもより早寝。一夜明けた早朝6時過ぎ朝風呂に向かうと、間もなくSamも目覚め風呂でおはよう、雪にならず済んだことを喜び合った。朝食後樹氷の国道1号から大観山経由、霧の伊豆スカイラインゆっくり走行CSCベロドロームへ向かいレース観戦。

初めて見る250m短走路のピスト競技国内選手の非力さも目につき、残念ながら俺的には全く面白くなかった。





関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ