12/12 奄美大島から帰京

2015.12.14
徳之島から乗継ぎ時間合わせで、JAL羽田直行便15時25分搭乗なので頃合いグーだった、ところが徳之島行き取り止めで予定変更、空港に近い知人勤続のホテルティダムーン宿泊、待ち時間が半端時間になってしまいどう過ごすか課題で、結局のんびりを大事にする事に決めた。

まずチェックアウト時間11時までH滞在、15kmほど戻った地点にある石窯パン屋まで往復で30km、神の好きなパンを土産に買込み,帰りしなも一度ホテルに立寄り昼食オーダーのんびり過ごし、更に空港までの途中にある味の郷かさりで神さんに頼まれた黒糖発注、で空港向かえばスローラン楽しめると考えた。

パン買いに行くのもゆっくりあちこち見回し写真撮り、パン屋で大きなパンとイチジクパン、更に9ケあったよもぎあんぱん,全部買ったら後客に悪いと半分5ケ買い娘宅4神1で俺っち昨日食べたので遠慮、相手の事考える俺って偉いなと爺自尊、そう戦後食べ物なかったガキの頃、仲間同士で分け合った事思いだす、皆確り仲間意識で団結してたよ。日本人の素晴らしさ今でも残るは離島や秘境に垣間見る。島国国家だった日本人は生抜くためには、互いに助け合わねばならなかった,先人達の労苦を忘れず切磋琢磨せんと先祖に申し訳ない。

再度ホテルに戻り昼食オーダーはカレーライス、お味どうですか?と聞かれたので正直に美味しくない、これはお子様カレーよと返事したが、よく考えたらここは奄美で仕方ないのかもと納得。ここの料理すべて美味しいのに、カレーだけは外れで値段も高く都心一流ホテル並み。奄美じゃ甘カレー好きには評価されてるのかね。

空港手前味の郷かさりで神さんから注文の、やわ黒砂糖ともち黒砂糖買って発送依頼、空港到着リュックはパンでいっぱい、レーサーシューズ入らないので車体に括り付け、輪行袋に自転車収納し羽田到着、リムジンバス桜ヶ丘で降車し、京王線電車に乗換終点京王八王子から、自転車組立て自走帰宅寒かったなあ。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ