12/11 R58北上の奄美大島縦走

2015.12.14
奄美大島最南部のリゾートホテルから,県道を古仁屋に向かい国道58に出て,北部名瀬市笠利町の同じくリゾートホテルまで,走行距離もゆったり走れる70kmほどが本日の行程。大きくゆとりのある部屋全面ガラス窓から,加計呂麻島が目の前に広がる光景はすばらしいけど、温泉が無い施設でセレブが呼べるか?島民だったら考えも付かない発想が吉と出るか俺は疑問に思う。

昨日とは打って変わった好天気難儀した県道を走り、古仁屋街中で酒屋さん探しでたどり着き、新年会にプレゼント宮崎と北海道から、楽しい忘年会終えたメール届き次は新年会、走る楽しさとは別な楽しみも生まれたようで結構な事、酒豪親父を反面教師に酒と無縁だったが楽しげに飲む姿眺め、他人に迷惑かけない飲み方なら、まあ結構でしょうと理解できる年齢となり、更に理解はすすみ今回酒販売店に向かったのは、奄美諸島のみ許されてる黒糖焼酎購入のため、名瀬って何故かと云うと北と南の大事な仲間への贈り物じゃ。

R58は奄美大島を北から南へ縦断する島内唯一の国道、これ迄何度も往復してるが網野子トンネル北上は初めてのこと、奄美大島はトンネル多い島でどのトンネルも照明が暗いけど、今春開通した新しいトンネルなので、明るいが歩道は付随しておらず自転車は車道通行、北上はオール上り勾配で4243mと、島内で最も長く通過に結構時間がかかる。住用道の駅で昼食は豚骨定食、これが美味いのよ沖縄でソーキそばにはまったが、豚骨定食がそばとご飯の違いはあるが豚肉が同じ味、奄美でK飯嫌い魚類もいまいちの俺っちにも好物見つかり良かった。

時間まだ早いので名瀬市街でネットカフェに立寄り、滞在2日目ブログアップしてからR58北上の旅続け、永田橋右折和光トンネル抜け突き当りT字路、再度右折して本茶BPに入り、暗い上りトンネル越えは無理せず右側の歩道通過、トンネル抜け道路下ると石釜焼きパン屋さんあり、これが中々美味いので立寄ってよもぎあんぱん食べ小休止。もうここ迄くれば本日の宿ティダムーンはすぐ先で、夕暮れ前無事到着となり顔なじみ有吉そっくり支配人にご対面。

着衣手洗い洗濯すませ部屋干し後誰も居らん温泉浸かりのんびり、これがなにより至福のいっときで温泉無き宿は楽しみ半減、最近ではビジネスHすら大浴場から露天まで用意してる内地の実情知らなかったら経営者失格。金儲け追求ではなく楽しさ心地よさを味わって頂く事を、まず第一に考えないと白亜の殿堂危うし、関西で客呼べるここは離島よ。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ