11/16 敦賀~おおい原電へ

2015.11.17
敦賀駅前ホテルから本日の宿泊地、おおい原電入口にあるHうみんぴあ迄国道27直行では近すぎ、で考えたコースは昨日走った琵琶湖畔まで戻り、高島市から小浜へ向かう大迂回コース。ホテル前から国道8号を逆走して、疋田信号で右方国道161へ分岐上り勾配、路面シャワー放水の試験中で滝の白糸みたい、頂上越え滋賀県側下り勾配も放水実験中で、水しぶき上げて大型車が次々走るを眺めると、洗車場で車洗ってる状態と同じ水しぶき舞い上がり凄まじく、飛沫避け広い歩道走行続けざるを得なかった。

冬になると道路凍結するので緩和策で考えた方式、工事の人達が多数集まりなにやら鳩首会議、結果吉と出ると良いが冬本番も間近、半端じゃない水量放水なのできっと上手くいくさ。路面走るバイクツーリング連は散々な目にあい、左から国道303が合流した先、道の駅マキノ追坂峠でジャンバー脱いで振るって脱水してたよ。

放水区間終了R161とR330の国道重複区間終端、高島市今津町でR303に右折若狭街道北進となる、街中で食事処探すも見当たらずコンビに目にするも、峠越え小浜まで耐えられると判断して通過、それでも念のためコーンスープとミルク紅茶を自販機からドリンク。道の駅若狭熊川宿は立ち寄らず、海岸線走行の国道27に合流後、街の食堂でカレーライス¥650.紅茶¥360.

国道27大型車多く小浜で海岸線迂回も考えるも、そのまま直行したらトンネル内路面大荒れで走りにくく、堪らず勢浜では海岸線へ迂回r235でのんびり迂回走を楽しんだ。天国と地獄の差だったよ、喧騒の国道に合流するとホテルはすぐ、聞けば瀟洒なホテルは6年前の開業、俺達走った7年前の裏日本縦走時はまだ未建設。

神さん誘って再来を脳内構想、若狭湾内クルージング、天橋立、舞鶴、福知山城、姫路城と次々浮かんだ夢見る一夜熟睡で朝を迎えた。福井県内2泊目残るは京都府、兵庫県、鳥取県、岡山県だけになった。

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ