10/31 神先着椎葉村へ

2015.11.05
朝食も夕食も時間決められ8時半朝食、宿泊棟が食事処やまめの里から最遠方、山の朝方新鮮な空気味あうは素敵なもの。自在鍵ぶら下がった天井高いやまめの里、炉辺をロの字に囲み箱膳朝食食べる14名。椎葉村まで30kmもない近距離なので、チェックアウト時間フルに使って会計、神さん依頼のタクシー迎車来る前に俺っち出発、長い2777m国見トンネル途中から下り勾配になり楽走、トンネル出来るるまでの道路は国見峠を上下してた酷道だった。

遠い昔源平時代奢る平家は久しからず、と言われ栄華を極めた平家も源氏との争いに敗れ敗走、山を越え谷を越え山奥に逃げ延び、山地に居を構え艱難辛苦乗り越えたと想うと、人はどんな苦しさでも耐えられるのでは…大和民族って素晴らしい民族だなあと常々感じてる。

神さん乗車するタクシーに追い越されたのは国見トンネル越えてから、椎葉村へは神さんから遅れること30分ほどで到着、一度宿舎陣屋の里に向かう、昨年食べたそば屋で昼食食べてると、大分から一番乗りの空港が店前通るを見かけ、大声掛け呼び戻す。食後店前道路で軽トラ運転する与一、続いて鶴亀翁の軽トラに出会い、さるしまフレンドスロー合宿の運搬、宿入り口に大看板設置する作業眺め感嘆。プライベートの集いが村の皆さんに広く伝えられてるを知りびっくり。

広場前宿入り口に告知板建てるを眺めてると、若隠居と浪花ピンクも到着顔見せ賑わう、参加者すべて現地集合での終結となり、夕暮れになり100kmマラソンがラスト到着し参加17名全員集合となった。東京から神さんとヒデG、,監督、姫監督、家老、山王、剣豪、100kmマラソン、横浜の筬長、埼玉の関白姫、静岡の三島、浜松丸ちゃん、新潟海坊主、大阪ピンク、名古屋若隠居、大分空港、臼杵の宮古チャンピオンの計17名全員無事集合、2階大広間で夕食を囲んだ。

明日からの3日間合宿が始まり、参加日数は人により様々も、仕事の関係で一晩泊まって翌日昼食後帰った関白姫、費用いとわずの参加には敬服しますわ。仕事現役にはきつい日程でも、いつまでも走り続けていると、必ず参加フリーの時がやってくる、それを楽しみに仕事に励もう、身体だけで楽しむスポーツと違い、道具を使うスポーツは老いても結構楽しめから素晴らしい。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

少し開けないと又九州ですか、旧知の仲間と楽しんでいるようで安全走行を、奥方に宜しく。では又
2015/11/10 19:09 URL | サブちゃんだよ #- | 編集

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ