チューブラータイヤ最高じゃ

2015.10.28
俺っち根っからのチューブラー愛好者、この数年間で5万km以上走行して、パンク体験は後輪2回で前輪なし、元々非力なのに加齢で更に非力になって、使用後でゆるくなってるタイヤすら嵌合できず、タイヤ交換は無理と判断スペアタイヤ持たずのツーリング。パンクしたらタクシー,バス、鉄道輪行でサイクルショップに向かうことに決めていた。

これまで2回のパンク体験は1回目は長野県下、近くの駅まで輪行袋転がし歩いて、ショップのある店まで向かうつもりで、輪行袋に自転車収納してたら、何処ぞから車で俺っち作業眺めながら帰宅した隣家の主に、『どうされましたか』と聞かれ『パンクしたので電車に乗って自転車屋まで行くの』と言うと、『何処の』『街中の』問答あり送ってあげますとなり、10km程の距離送って戴き、親切に甘えその後今でも時折交流がある。

残る1回は人家もまばらな北海道でのこと、富良野から100km程走行あと10数kmで宿到着と思ったらパンク、直前で草生えた舗装路面が割れ衝撃受け、タイヤ側面僅かに傷が生じスローパンク,幸い暫く歩くとコンビ二やれ嬉しやと、電話帳でタクシー会社番号探し、コンビニに入る女性客と目が合い挨拶、出て来た彼女に如何されたのと問われ,委細伝えると通り道なので宿まで送りますの天の声、車内であれこれ話しながら宿前まで送って頂いたのは昨年の事。天使の出現は有難かったな。

宿着いてからが大変で東京へ電話サイクルショップ探すも、近在にショップ見当たらずはて札幌まで?と、覚悟決めたら木古内支部員から室蘭にある情報届き、翌日輪行室蘭の店でチューブラタイヤ交換完了。店主に道内ではチューブラー在庫店僅少なので、常時携帯し店で取替依頼すべきと忠告された。

交換タイヤ持参は荷物になり有難くない、そこで考えたのが大嫌いだが、後輪だけGOKISOにクリンチャーホイール発注、その後クリンチャー後輪での走り続き、数日前3度目のパンク一応自分で直す事できるたが6500km走り、タイヤ2回交換パンク3回はコンチ4000BRの強度とは雲泥の差だな。

最近はず〜と前輪チューブラー後輪クリンチャー仕様で走行してたが、道内走行以外は前後コンチ4000BRに戻すつもり、永年親しんでるチューブラーの走行感は快適だもん。パンク自分で直せても強度不足のクリンチャーは嫌じゃ。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ