9/29 二度目の六日町泊まり

2015.10.01
朝8時半食卓には俺っちの席だけ残し無人、釣り人は朝が勝負とかで皆さん早朝から戦場、いや部屋中狭しと貼り付けられた魚拓、50〜60cmクラスの超大物がずらり勢揃いは圧巻。作家開高健が銀山平に連泊して只見湖通い、こよなく只見を愛した理由が良う分かりますわ。

本日は枝折峠越えれば楽な下り道続き、距離も無い六日町にあえて泊まるは、町内にあるネットカフェに立寄りブログ更新、年老いたので数日経つとあれこれ忘れてしまうので、できる限り早めの更新が必要で今回も4日目なので限界。

枝折峠越え頂上駐車場に満杯の盛況、ナンバープレート見ると遠く福岡、徳島、神戸、福井、和歌山、浜松は数台あり全国区じゃん、山登り支度中の八王子ナンバー車の二人に何処に登るのか聞くと駒ヶ岳、そんな有名な駒ヶ岳どの山蛾それなのと聞けば、山並み見回し分からない様子、八ヶ岳なら分かるんですけど、ここは初めてなのでの応答に、心の中で大丈夫かよそれで登れるの??

枝折峠通る路線バスも7時台銀山平行き,小出行き16時台の1日1往復便だけあり、これって完全に登山客用と思われる。長い下り道慎重に下り前回おみや購入した売店に立寄り、せんべい類とお餅各種にあれこれ購入自宅送り、1万円以上お買い上げ送料無料とか、めちゃ美味いお餅各種半額割引って安いわ。買い物中隣のそば屋開店と早い昼食おろしそば¥800.

小出まで国道352直行し同じく国道17へ左折、ストレートに六日町まで走りイオン2Fネットカフェ自遊空間にイン、ブログ2日分アップする間、階下のコインランドリーで洗濯すませ、部屋干し5時間近く遊びタクシー呼びホテルへ向かったけど、表は日が暮れ真っ暗しかも強い雨降りに、到着した運転手に聞くと先保から突然降り出した俄雨模様にホッとした。天気が続く予報から雨合羽自宅へ返送してしまい、降ったらずぶ濡れ走行になり、低温下でとてもじゃないが走れないからのう。

到着宿は前回とは別小さないろりあん古民家風宿、今回の宿泊宿いずれもそこそこの客で賑わって居り、未だ紅葉時期ではないのでこれなら来月繁盛間違い無し。走行距離55km 走行時間3時間弱 ネットカフェ滞在5時間弱の一日だった。

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ