9/26 川治温泉廉価宿へ

2015.09.29
本日の移動先は建物ボロだけど、応対とかけ流し温泉よしの書き込みと、一人旅歓迎のプラン見て即予約入れた、川治温泉登隆館部屋食二食付いて一泊¥8640.は民宿並み。いつも泊まる宿銭には鷹揚、今回のようなケースは初体験に近い、結果を先書きすると10畳和屋にツインベット6畳洋間付き広々、和室は四隅若干残し古ぼけたジュータン敷詰め、歩くと凸凹を足裏に感じる、畳芯が完全に寿命尽きてるけど、掃除はきれいにされてるので不潔感はない。トイレ付きだがウオシュレットではないのは、この値段では仕方ないだろうな。

到着第一歩の感じの良さ最高で、玄関前で輪行仕様作業始めようとしたら、女将が現れ自転車どうぞ中へ入れてください、フロントの隅に新聞紙敷き詰め、ここに置けば安全ですよと有難い対応。街中コインランドリーの有無問うと、鬼怒川まで行かないとありませんので、洗濯だけならこれ使ってくださいと店先にある洗濯機示す、洗濯ネットに入れ洗濯機に向かうと、全自動ですからと使い方までコーチしてくれる親切さに感動、ボロは着てても心は錦って言葉脳裏過ぎった。

温泉は自慢するだけあり加水無し源泉そのままかけ流し、露天無しがチョイ残念だが、低めに設定された温度で長湯でき体が温まる、三段箱膳で運ばれた食事も立派なもの、ごはんがうま過ぎも一杯お代わり、頂きたくなったほど、二段箱膳の朝食も同じくだった。

すまん話が前後してしまったが宇都宮駅前Hでの朝食、インショップ日本海庄屋でバイキングだったが、先日つくばで体験した朝食と格段の差でお粗末、同じ庄屋でこの違いどう判断したらよいのかね、もしかして直営とフランチャイズ?コンビニで好きなもの食べた方が賢明だったな。

ホテルからちょい迂回走しながら本日のコース国道119へ合流、日光までこの消防番号道路一本で迷う心配なし、途中雨滴ぱらつき始めた杉並木街道、合羽着用場所探しながら走るも有難や霧散。今市市内で国道121に右折、そのまま川治温泉まで一本で、子供でも走れるサイクリング初心者コース。今市街中抜けるところで道路脇のそば屋で昼食、天盛りそば(田舎)¥1500.うまくて満足も空腹感収まらず、次々見かけるそば屋看板見過ごし走るが大変だった。

鬼怒川駅に立寄りった先で道路交通止め迂回となったが、その後川治温泉までは何事もなく到着、宿は国道脇にあり往時繁盛した面影残す宿で迷うこともなく到着。80km弱 4i時間36分の初心者サイクリングコースのツアー終了した。


関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ