9/13 上越新幹線+東北新幹線輪行 

2015.09.13
8時半チェックアウト越後湯沢駅まで下り7kmで難なく到着、何かイベントらしく路面あちこちに係員多数立ち、分岐路で駅方面訊ね走行、駅前広場には観光バス数台停車中、多数の係員が駅ビルから出てくる人達に南回りですか、北ですか聞きながらバスへ誘導を眺め、自転車解体輪行袋に越後湯沢から乗車は初、改めて大きな駅に驚く、ホームの次駅駅名表示が下りのみ方面二股線になっており、上り方面は上毛高原で下り方面は複線で表示され上側浦佐で下側ガーラ湯沢、もしかして別線?気になったのであれこれ調べたらガーラ湯沢は支線で行き止まりだった。ガーラ湯沢行きは浦佐には行かず、終点行き止まり編成の列車で、スキーシーズンのみ運行され1日平均乗降客1500人に満たないと判明。

10時8分発上越新幹線に乗車、途中駅に停車せず大宮まで直行、東北新幹線に乗換え途中停車なし宇都宮で下車、ホテルは駅前にあると、ホームから眺め確認してるので、輪行袋転がしたまま徒歩移動でHリッチモンド前へ。H入口で袋から取出し自転車組立て、不要品リュックに詰込みフロントに預け正午、日光へ向かって走りながら路面、旧家、豪邸、珍家などパチパチ撮りながら走行するも、日曜日で行楽客の走行車両めちゃ多く、走るに嫌気しポツポツ雨滴でカメラが気になり、日光見物断念し途中見かけた回転寿司で昼食。末尾に名前記入先客並び待つに続くと、1人空きですぐお呼ばれはラッキー、まぐろ祭り最終日とかでめちゃ美味い味堪能、待ってよかったこれまたラッキー。

宇都宮市内に戻り小さな寺、境内が綺麗なので思わず入りこみ、無宗教無信心なのに写真撮りまくり、このお寺さんから商売気が感じられたのはどうしてかな。ホテルに戻り輪行袋に自転車収納、レンタルPC借用チェックイン洗濯済ませ、部屋干し終えると無性に眠くなり気持ちよい仮眠。テレビで秋場所初日眺め白鳳負けに喝采、日本人をなめるんじゃないぞモンゴロイド、っ言っても日本人には蒙古人の血も流れてるけどな。大鵬、双葉山の再来は何時の日にか望めるのか淡い期待を持つわ。

一眠りしてから夕食、宇都宮名物餃子食べようとH周辺歩くと、駅前周辺一帯餃子屋林立あまりにも多く、名物にうまいもの無しの格言よぎり、食べる気失せスルーうなぎ店のれんあり、お品書き特上うな重¥2500気に入りイン、出来上がり10分とかからぬ即席ではそれなり、まあ高価なうなぎ仕方ないでしょう。重箱に並ばず重なりあってたので、大きさだけな勝ってた香の物もな。

明日は問題の洪水災害の地常総市近くを走り、つくば市に向かう災害でひどい目にあった人達に、遊びで通り抜けるは申し訳ない気もするが俺っちがやったわけでなく、人生いろいろあるでそれも運命、めげずに立ち直るがすべてじゃ。今の時代何かあるとすぐボランティアが駆けつける、ニッポンまだ捨てたもんじゃないわ。俺たち少年時代の戦災どき誰も助けに飛んでこず、親父達仲間皆さんすべて自力復興でがんばってたぞ。小4力ない俺っちも、焼け跡に建築する我が家の杉丸太を、恩方村から運ぶ親父のリヤカー後押し、大酒呑みは嫌だったが親父の大和魂の血は、確り受け継いだと思ってるぜ。

本日は2時間電車内で立ちんぼ、道路で2時間ほど自走しただけの1日で、明日はつくば市駅前Hに向かうが全コース初体験、地図眺めながらの走行、PCでルートラボ広げ図上走行繰り返し、アナログ地図持っての走行は、どうなる事やら即日レポートするわ。
名前記入
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ