3/5 今回の旅ラスト宿泊日

2015.03.05
これまでHでクーラー暖房スイッチONした事ないのに、朝までスイッチオンしてただけでなく、夜中に1℃温度上げ23℃にしたほど寒さを感じた。体調の故もあるが寒いのは間違いない、朝食を隣のコンビニで調達するため表へ出たら、表は更に寒く天気良好だが、今日も汗とは無縁の1日になる事だろう。

10時チェックアウトホテル駐車場で自転車組み立て、国道251走出し4km走って、リュック背負うを忘れたことに気づき引き返す、植込みに置忘れたので保護色的彩、人通りも少なく失せる心配ほぼなしで気楽も、往復8km無駄足ががちょい痛かったな、島原半島沿い走る狭い路面なのに交通量多く、特に大型車両が頻繁に通行、キープレフト意識走行するも、大型ドライバーが追越を苦慮してる状況読み、気楽な走りができず撮影もままならず。寒くなく体調も万全なら山麓道路、雲仙グリーンロードに逃げるのだがこの寒さでとても無理。

道沿いには島原から諫早まで、島原鉄道の黄色いジーゼル車両走り、国道と付かず離れずの併走、多比良港に見学立寄ると有明海を渡り、長州町へ向かうフェリー出帆11時40分。誤算だったのは堤防道路が工事中で、全面通行止めだったこと、折角だからと見学に干拓地に入ったが悪く、出口分からなくなり迷走して時間ロス、腹も減りリュックからデニシュパン、諫早湾対岸から右折国道207に代わり、併走する線路も長崎本線になる、ちゃんぽんの幟見て入店注文はまたも皿うどん¥650味はまあまあ。湯江で15時6分電車時刻表見ると、次は16時37分ここで輪行するは1時間30分待ち、特急車両は上下4本見かけたが普通車両姿なし。電車に追走されるまで自走すべく寒さに向かう。

15時過ぎると寒ささらに強くなり、どこかでタクシー見かけたら輪行のつもりで走ると、5時のチャイムなり佐賀まで残り30km、このまま走ると日没は明白、メーターも100kmに手が届くとあって肥前鹿島駅に向かい、客待ちタクシーに佐賀駅前H告げ乗車。コンビニ食夕飯は節約したわけではなく、食べに表へ出るも寒くて敵わず、近くのコンビニで食べ物買い込み外食断念、部屋へ持ち帰り粗食で我慢となった、明日の晩家に帰ったら、神とうな丼食べる約束メールで交わす。

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ