若さの秘訣は動き回ること

2015.02.15
めちゃくちゃ寒い走るなんてとんでもない、家から外へ出るのも嫌やわ。こんな日本じゃない東京都下には居たくない、2月最終週まで次なる予定は無かったのだが,たまらず逃げ出すことにしたわ。手元にあった徳之島へのお誘いガイドブック眺め、早速阪急さんにアプローチお安く楽しめるフリープラン申込、リクエスト受付数日後引受返信届き払込のはずがマックPCの調子悪く、阪急スタッフに電話で操作アドバイスされながらやっと完了。


2月26日出発5泊6日で小さな島、徳之島を走り回りのんびりしてきますわ。この島もハブが居るので油断できな、喜界島ならハブ居らんと聞いたが、島が小さすぎ歩きでまわる島でパス。鹿児島空港で乗継ぎで向かう便なので時間かかるけど、値段はお安く直行便の奄美大島と変わらずだぜ。格安シニア割引利用しても乗継ぎ便では、チケット料金阪急さんには全く対抗できませんわ。

でいつも利用してる早割ANAでチケット購入と比較したく、今回3月末から4月初めにかけて楽しむ、サイクルツアー四国の旅6泊7日試しに阪急で検索したら、1泊宿付き空港フリーで¥26900.シニア割引でも完敗だった。往路高知空港、復路高松空港のチケット先取りしてしまったので、走行コース宿泊宿を後から決めるのは初めて、3D地図眺めあれこれコース考え、宿を調べるのもまた楽しい。80の爺さんが少年のような好奇心で、未知の道求めコースづくり、寒さの冬は暖かい南方へ気持ちは飛んで、都会の喧噪から逃れ日本原風景を楽しみ、島民と触れ合う楽しみ年寄りには最高の癒し。

現実からの逃避だがこの歳になったら、もう余生だから好きにさせて貰うわ。で明日から徳之島へ出かけまして、週末土曜日深夜自宅に戻るんですが、家に居るのは日月火の3日間だけで、25日から九州の旅宮崎空港へ向かい、天草下島一周サイクルマラソンに参加、再度BEN平野屋でのんびり2日間を過ごし、長崎から佐賀空港へ向かい6日午後便で羽田空港へ戻って、自走帰宅する9泊10日のちょい長めのツアーを楽しむ。尚このチケットはANAマイレージ使用なので無料。

こんな動き回る姿見てると歳を感じないらしく、出会う方皆さん一様に驚くようだが週2のマッサージで、身体をちゃんとケアしてますぜ。酷使するだけでは過労働性萎縮で終わりだよ。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ