1/3~4 完全休養日と前田カフェまで

2015.01.05
風邪気味解消には睡眠を充分にとり、疲労を回復させることがことが何よりと考え、本日サイクリング取りやめ桜坂劇場で映画でも見ようと思い、まずは遅い朝飯そーきそばでも食べてましょうと、近くを歩き回るも各店共に開いておらず、足伸ばしてやっと目にしたラーメン屋、まあ正月三が日では贅沢言えんわんと妥協も、はっきり言って美味には程遠かったな。

宿のPCで検索桜坂劇場の上映映画題名と時刻表調べ、国際通りから劇場方面向かい歩き、途中から近道だろとわが判断で、横道抜け到着するも一向に近くには思えず、反って遠回りしたような感じだった。この劇場は知る人ぞ知る名画館で、内地からの観光客ファンもとても多く俺っちもその一人、ちょうどグッドタイミングで上映5分前窓口に並んだが、満席で補助席か立座しかありませんと言われ、大丈夫いつも立って見てますからと入場。60歳以上のシニア料金でも¥1131、内地の¥1000より割高で定員100席ほどが満席で通路に補助席並べる盛況ぶり、昔は扉が閉まらん程の大入りも良く見かけたが最近では珍事。上映してたのはスウェーデン映画”100歳の華麗なる冒険”描かれてるは摩訶不思議な100歳の老人の人生で面白かったわ。

4日(日曜日)本日で宿らくちんから、会員のリッチモンドHに移動。荷物背中を58道路サイドにあるビジネスHに預け、約束のJJカフェに案内され、渡米中で生憎留守だったが彼の生活の一端を知った。彼の案内で米兵たちとサンフランシスコからラスベガスまで走ったのは、アメリカ同時多発テロ事件後で警戒厳重な頃だったので、もう十数年昔の事になる。行く気もなかった敵国アメリカへ、行かざるを得なくなったのは仲良しになったGI達と軽い口約束が元、今となったらやっぱり往っておいて良かったと思う。

米国とソ連と言う両大国に数日間だが滞在し、自分の自転車で走り回ったのは事実、赤の広場も自転車で徘徊した。共産主義崩壊寸前のソ連邦での国内最大の大会にチーム参戦させ、自由主義経済発展を謳歌してた強いアメリカを見た自転車人生は2015年新しい年に引き継がれ、今夏満80歳どこまで楽しめるかわが自転車人生よ、皆の衆今年も楽しくやろうぜ。

昨年12/23から走り出し11日間連続と1日休み1日で走行820km 本年度4泊終了。今年の方針はロングライド参加はなるべく控え、日本全県を走る計画で目標設定する事に決め、支部のある北海道、島根県、九州各県は特に時間かけてと考えてる。8月中は石和CHに常駐の予定なのでよろしく。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ