12/25~26 天草大江辯平野屋旅館BENに連泊

2014.12.27
神と九州コラボの旅で走った折り、食事に立ち寄り格安で素晴らしい昼食食べ、自転車談義あり皆が驚き表へ出て、自転車眺め見送ってくれた、その時宿も経営してると聞き何時か泊まって、天草サイクリング楽しむつもりがようやく実現、神さん同行できないのが残念だが25,26連泊を決めた。

前島の宿から国道266走り、天草五橋最後の橋松島橋渡り天草上島、上島走り抜けるには島原湾側の国道324、不知火海側国道266と真中突き抜ける県道34の三択あり、国道266に決めたのは国道324は一度走ってるのと、国道266に観光フェリー発着港があるから。本渡手前で昼食は刺身定食¥1000.

本渡から天草下島へ渡り国道266、海岸沿いの県道26走りたかったが時間押しており、無理と判断島内真中抜ける国道266選択、更に亀川ダムから県道24で下田温泉に抜けた、この道はコラボランで神が、本渡からバス乗車で下田温泉へ向かったコース。この時俺っちは大江のBENで定食食べ、国道389で下田に向かった。今回は逆コースで大江に向かうことになったが、こちらから逆走の方が大江に向かうには大変と感じた。

16時半頃平野屋到着主夫妻に喜ばれ旅冥利に感謝、すぐ入浴疲労癒し食べきれない量の鮮魚料理に舌鼓。食後大江天主堂のイルミネーション案内され、信者の勤労奉仕で仕上げた結晶。天草は今でも多くの村民がカトリック教徒という、俺っち疑問どうして他宗教排撃争うのかぶつけるも笑って黙示だった。地球上にあらゆる宗教が存在しなくなった時、初めて平和が訪れるのではと俺は考える。神は我が心の中に居るということに気づけば、外に神を求めるは愚かなことと気づくはず。

安眠一夜明け近くの山中を走りたくなり、県道280林道のような山道に入り込み、八久保峠下り県道35横切り一度国道266を2km程走り、県道285へ入り海側に出るはずだった、ところが分岐路で広い道を選択したのが間違いだったようで、尾根道延々と続く山中にしては良すぎる道路が続き、二度13%の勾配標識もあ途中り誰とも出会う事無かったけど、この道って必要性あるのかね。需要のない道路に大金つぎ込み山の自然壊す行為、神が心の中に居ることに気づけばできん筈。

道間違いこのまま走っても海には出ないと判断、分岐点あったので下り方面にハンドル向けるとやがて人家あり、想像とは全く違う場所に古江集落。国道266場所特定でき宿に戻った。本日終日三桁県道280,285と林道走り、山中で重機動かし作業中の2人の労務者と出会っただけ、その他誰にも出会わなかったけど楽しく走れた一日だった。

親戚に泊まってるような感覚で過ごせるので次は4~5日滞在、天草山中走りまくりも楽しいかも。来年はこれまでとは少し違った楽しみ方を考えようと思ってる、まだ具体化してないがい連泊で周辺攻略も視野だ。

本日走行64km 4時間46分 AV15.7km 4日間走って300km 撮影写真約400枚 動画を含む

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ