10/7 九州の旅初日 佐世保到着

2014.10.07
18号台風で1日延期もすべて思い通りとなり、安眠でき早朝4時15分目覚める。後から目覚めた神さんにあんたって、ちゃんと目覚めるのねと感心される。そう、前にも言ったけど目覚し時計のベル音大嫌いなので、時計は利用せず起きられなかったら、これは行くなということだなと、勝手に自分に都合よいように解釈するのだからもう気楽なものめちゃくちゃよ。

5時に家を出ればバス停まで自走、輪行仕様も余裕で出来るはずと気楽に家を出たのよ、ところがぎっちょんRキャリアに取付けたパニアバックのふくらみで、輪行袋ジッパー締まりきらず四苦八苦、バス到着で大汗かいてしまったわ、良い運転手で助かったわ。高速道の車列いつもより多く、多少時間延着かと思うもいつしか夢の中、目覚め気づけば羽田の近く走行中定刻着余裕じゃん。

早めのチェックインANAフェスタで弁当(鯵押しすし¥960)伊右衛門贅沢冷茶¥151合わせてANA割引で¥1000丁度。腹減ってるので待合室でぱくつくも美味しくなかった。フライト準備に手間取り出発10分遅れ、到着も同じく遅れたまま、輪行袋もすべての荷物が出た後に係員が丁重にお運び下さり、すぐ組み立てズボン脱ぎ靴取り替えでスタート。空は青空気温も快適だったけど風強いがちょい難点、でも何よりも、びっくりしたのは荷物の重さ、リヤカー牽引は大げさだが一族郎党引き連れてるって思えば、重さなんか気にもならんわい。

そこで思い出した、中学卒業で材木屋に就職した学友が、小さな身体でリヤカーに材木積んで走る自転車姿、俺っち力では微動だけだだった、数年後同じ姿見かけたけど彼その後どうしたかな、互いに顔知る仲だけ同じクラスになったことない中学時代の思い出。発育期の過労働身体に良いわけない、貧しかった時代の犠牲者だな元気で過ごしてると切望。

国道34号佐賀方面に向かい嬉野温泉街行き過ぎ、きずいて戻り県道1号へ街中で右折、波佐見町ここにも温泉があり三河内で国道35になり県道1号は終わったが、各県共に1号道は皆立派な道路で走りやすいわ、今度全国県道1号走破も視野に入れようかな。ちょいリッチに昼飯で鯛釜飯+鯛兜煮を注文したら時間かかり、国道35逆走で県道53走る迂回走には時間不足と考え、国道35順走し佐世保直行で16時過ぎホテル到着チェックイン。

夕暮れまで時間あるので佐世保港周辺をカメラ肩に散策、う~ん気分晴れやかいいねえこう言うのも、とっぷり暗くなった街中で夕飯は老夫婦経営小さな店の創作、1番人気海軍シチュー¥1000食べたが味は??

家に残った神さん喘息気味で可哀そうなんだが、俺っち居らん方が反って気楽と考えてる。俺たち夫婦は互いに相手を思う気持ちが強固なの…
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ