10/1  10月の行程。

2014.10.02
2014年も10月に突入残すとこ3ヶ月90日余り、光陰流水の如しと云われるが実感。元旦にたてた目標が年間走行距離15000KM以上といつも同じく、しかしそれでは面白味無いと考え今年は一工夫、沖縄、北海道、九州、四国、その他離島と細分化、各島内それぞれ1000KM以上を走行、合計で15000KM以上走行を目標とし決め、これまで沖縄と北海道は既に達成できていた。

最も大変と考え年初から重点置いた離島走、奄美大島から屋久島、種子島、桜島、久米島、礼文島、利尻島と走るも雨に見舞われ距離伸ばせず散々、12月奄美大島チャレンジサイクリング240KMの距離加算見込みあるも、このままでは心もとないので、来週6日(月)から五島列島と対馬を走る11日間ツアーに向かう。

計画は長崎空港からスタート、広域農道を遠回りでアップダウン楽しみ諫早泊まり、翌日R34長崎R202を島でなくて残念な西彼杵半島沿岸を完全トレース西海橋渡り佐世保泊。翌日はフェリーで五島列島中道島へ向かい、島内連泊でサイクリング楽しみ、海上橋で若松島も走り福岡へ戻って、旅程日誌をネットカフェから発信する予定。

更に翌日は輪行で日田へ向かい連泊、今回の目的は椿のノ鼻ヒルクマイム初参戦、レースの世界は卒業したはずがまさかの再挑戦だぜ、それもこれまで58年間の自転車人生、やったことないダンシング駆使で走ってみようと思ってるんだから若いよな、用心棒真似て会得した技が必ず役立つはずと期待、何でも挑戦餓鬼と同じよ。

大会終え温泉で疲労したからだ癒し連泊、日本原風景を堪能するのんびりラン楽しみながら、輪行加え福岡空港へ向かい対馬へ飛んで島内2泊、対馬3日目は対馬空港、福岡空港、小倉駅まで全輪行駅前Hで最終泊。翌日16日(木)ホテルから北九州空港まで自走、ANA便で羽田空港へ帰京、秋は夕暮れ早いので無理せず羽田からは輪行、ラッシュ時間と重なるのでゆったりリムジンバスで直行帰宅、10泊11日本年度109泊の宿泊終え昨年度記録にあと1日となり、九州五島、対馬を楽しむ極楽とんぼ旅行完了となる。

どうだ老いてもこの見事な遊びぶり、気力あるうちは存分に走り回るを信条に列島隈なく走るつもり、いずれ動き回るが億劫になる日が来るのは自明、動く気力あるうちは日本国内走りまわり、さらなる充電願ってる見習って損はせんぞ。どうして国内だけって、俺っち日本が大好き、先代までの先祖が構築した大日本帝国、大和民族武士道が憧れよ。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ