9/10 国道228松前回り150kmラン

2014.09.15
過去2回計画予定しながら天候不良で、実行出来なかった木古内班最大クラブラン、国道228松前半島を尻内町、福島町、松前町、上の国町と走り抜け、何度か走ってる道々5で木古内町へ戻る150kmコース。7時集合15時過ぎる頃まで終日走るには今回も天気悪すぎ、ほぼ100%雨になるであろうと考え合羽持参。

集まったメンバーは消防神、〒マン、紅一点の東姫に英爺計4名を出勤前のイトマン宣教師が、石川旅館前から出発を7時過ぎ見送ってくれ感謝。走り始めは町内農道を右に左に走るアップラン、ペーサー消防神に東姫次いで〒マン最後尾俺っち、姫君が前と車間空くと〒マンが姫君前に入りヘルプ、ほぼこの体勢維持のまま国道228走行。道の駅『横綱の里ふくしま』でトイレ休憩も早朝で店舗クローズ、すぐ出発したが同町内から横綱2人誕生は他に例がない快挙だね。

再走開始間もなく空模様怪しくなり雨降り始め、稲妻雷鳴で大粒雨パラツキ始め急走役場支所に逃げこみ雨宿り、そこでは濡れます中へどうぞと吏員の言葉に甘え、スリッパに履き替え大型TV1台小型5台並び視聴自由の待合室、衣服も濡れ軽微で快適で思わず長居し小降り確認表へ出る。ここから合羽着用小雨の中、トンネル、シェルター連続する半島先端部回り込み、次の道の駅『北前船 松前』で2度目の休憩ここまで60km弱走行。僅かの時間停車だったが雨上がり、合羽脱ぎ背ポケへ収納走行開始、次の道の駅『上の国もんじゅ』まで50km強の道程、日本海側海岸線は海面から高い場所走り、見晴絶好もアップダウンの連続で走るは苦渋のはず、東姫がよう走るに感心とても初心者とは思えない。

正午を回り腹減った頃具合よく上の国道の駅に到着、昼飯は『フルーツ豚丼』食べ始めるもフルーツ見当たらず、フルーツどこに入ってるのと聞けば、お肉がフルーツ食べてる豚の肉だって、爺さんの勘違いボケが始まったのかな…

もんじゅから一気の下り天の川渡って、廃止された江差線沿い走る道道5までは至近、国道228はここで終点となり、真直ぐ続く江差方面への道路は国道227になる。道道5は右折旧江差線沿い上り勾配、今はJRバス停の湯ノ岱旧駅舎でラスト小休止、吉堀のトンネル抜けると木古内まで下り勾配、道路わきにある自宅に東姫無事完走帰宅、道中案ずるところ全く無く完走は、見事なもので自信持って次に挑戦できます、いつまでも楽しみましょうサイクリング万歳。

夕食は東姫宅にクラブメンバー集結BBQを楽しむ、突然現れた新潟県新発田の海坊主もお相伴、東姫の手料理味わい自転車談義、録画ビデオ楽しみ散会充実した一日を終え宿に戻り、睡魔に朦朧となり心地よい別世界へ案内された。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ