9/7 下北半島260kmロングライド完走。

2014.09.11
眠り不足のはずなのに3時45分目覚め、も少しと思うも思い切ってそのまま起床。4時半集合スタート5時これなら余裕だろと、昨夜コンビニで購入した食料腹に入れホテルをでてまだ暗い道路を市役所に向かう。定刻になり310km日本最長距離コースが2班に分か、それぞれ20数名の集団で出発したあと、ロングコース出遅れ数名と俺っち8名がスタート、本日のゲスト用心棒じゃない三船元プロもご一緒。思いがけないラッキーチャンスに後方から走行観察、ちょっとした坂でも体重移動の立ちこぎ姿見て、真似て俺っちも立ちこぎすると楽ジャン。これはいい手本見たと以後1日中立ちこぎダンシング連発、自分的には1日で会得した気分になり本日最大の収穫。

番手走行続けてると交代のシグナル発信あり、横に並び出て老いぼれ爺には先頭は無理よ、ついてるだけでいっぱいと声かけると俺っち認識してくれ『付けさせて貰って光栄です』の俺っち言葉に『付いて頂いて光栄です』と言葉返り、夢にも思わなかった展開になり感激、背中のゼッケン見て雅彦のなまえに、あれ彼もマー君そうすると昔からのクラブ員の正男のマー君、東京オリンピック頃からの輪友政志のマー君、ゲスト用心棒が続いて3人目のマー君になる。いずれ劣らず自転車命人間なので、自転車普及発展を第二の人生と頑張り続けましょう。

冷水峠方面周回し本部へ戻ると、脇野沢から仏ケ浦難所越えになる俺っち260kmクラスに比べ、恐山40km周回を加えた最長310kmクラスはハード。俺っちも最初こちらにエントリーも、だらけた夏場の走りではとても完走は無理と判断、昨年と同じコースに戻し大成功だった。気の毒に一緒に申し込んだj旧財閥は討死、フィニシュ地点で落伍者続発の脚きり時間批判してたが、楽しさ喜び与える気持ちを待たない大会に発展は望めないと思う。ゲストが完走できないタイムテーブルの作成者、自分でコース実走して達成可能であることを証明して下さいな。

走る楽しみ味わいエイドステーションでリラックスできる大会、全国でロングライド盛んになっている模様、主催者の皆さん登録競技者の世界の真似すると怪我しますぜ。今年も昨年同様青森市内から、同業輪友ピエタ来訪大会終了まで走行見守り青森市内の自宅に帰った、終日爺のお遊びに付き合ってくれた有難いこと、どうせならこの大会ではなく俺っち念願、ロードレーサーでの白神山系横断走行にぜひ付き合ってほしいと願ったら、いとも簡単に2つ返事なので来年の課題ができた。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

始めまして、尻屋過ぎのエイドから追走した310に参加した1番です。
足切りタイム設定厳しいかったですよね。知り合いで完走できず悔しがった人も何名か・・・
白神山地の林道縦走は友人が毎年開催してるローカルイベントありますよ〜( ^_^)/~~~
是非参加お待ちしてますd(^_^o)
2014/09/11 20:46 URL | tsugaruzuke #- | 編集

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ