7/12 イベント初日

2014.07.13
イベント参加者は雄武から7時半出発、俺っち20km先の興部に泊まってるので、先頭が到着したころに出発することに決め朝方のんびり起きる。一夜明けたら夢の竜宮城も、4畳半の煎餅布団は刑務所独房だい、体験あるかって…わけないが意外と寝心地良く安眠でき、7時皆さんお揃いで朝食の時間を10分寝坊、寝心地良さは何が原因か考えたら心だなあと感じた。一宿一飯の宿でもわが心に残る宿のい一軒となると思う。宿代二食付いて¥5500.これまで泊まった宿で最安値。

本日の楽しみは湧別の芸人つらら社長を尋ねる楽しみ、大会参加者ではなく個人サイクリングで走るので規制受けず自分の勝手、湧別で待ち受けてくれた社長に昼食ごちになり、あれこれ世間話。東京渋谷で披露された個人芸に仲間と共に楽しんで以来の対面、オホーツクの塩販売に力入れてる様子だが、俺っちこれまで何度か各地の塩を購入プレゼントしたが一向に喜ばれたことなく、ラーメンは美味しいと好評だったので心通う友数人に直送手配。北からの贈り物じゃ。

湧別で3時間ほど時間経過、大会参加者すべてが通り過ぎドンと遅れでコース走るとフィニッシュ35km手前で最遅参加者母子に追いつき、その後非力ライダー次々に追い抜き、泊まるホテル通り過ぎてしまう。幼い子に100km越える走りを体験させる親、無謀無策で主催者が考えねばいかん問題、宿に電話し行き過ぎ判明コース逆走する始末。途中コース警備員に鶴賀リゾートHの場所尋ねてたら、偶然走行中の北政に出会い仲間お二人ともご対面けがの功名か。

一度泊まった宿だが自分で予約自走訪問したわけでなく、筬長ツアーで案内された場所なので脳内地図に刻まれておらず、今回の体験で完全に自分の脳内MAPにインプットされた。人任せは駄目よなと再度認識させられた。結構長い距離戻ったので、参加者皆さんが20km走った興部から走り出し、登呂バスターミナルから鶴賀リゾートHまで戻ったらメーター119kmを計測結構無駄足使ってしまったわい。

ホテル到着したらお迎えあり予約有無問うと承ってますに安堵、自転車そのまま預かりますと言われ解体の手間不要で助かる。露天風呂が深く岩が入り組み幻想的、部屋も広く豪華バイキングも朝晩共に食べ物豊富も、個人的にはバイキングは好みじゃないな。めちゃ良く眠れたがこれって疲れてるのかな。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【22:57】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ