6/25 長万部から熊石ひなたない。

2014.07.03
も少し早く出たいと思ってたがフロンとバックにシューズ詰め込み、カメラバック抱き合わせセット装着に手間どり、長万部温泉宿出発できたのは結局9時。長万部は過去2回の列島縦断で通過しており、札幌から山中抜け海岸線へ出てきた国道5号線、道路幅広く直線走路になるので、物流大型トラックが高速通行する場所、自転車で走ってると遠く離れた路面を大型車が通過するので危険は感じないが風圧が凄まじい.再度同じ体験したくないと思っても、迂回路なく避けられず、それでも救いは函館に直行せず、八雲まで30kmほど走れば日本海側に出る国道277へ分岐、熊石へ向かうので喧騒からサヨナラできる事。

ただし民家無い山中道路なので念のため、八雲のコンビニでお握り1ヶにドリンクで腹満たす。バイク用ロードマップに記載されたお奨め場所八雲おぼこ荘へ横道入り込み入湯昼食、あいにく評判の露天風呂工事中で入れず残念、宿泊も出来る温泉で神さん誘い再来も視野に温泉を堪能したので、休憩後に上ったむも雲石峠427mが結構きつかった。

雲石峠下り日本海側に出てすぐ右折上った場所が熊石ひらたない荘が本日の宿、町営の宿泊温泉宿で楽天とラベルで予約できず町のホームページからの予約宿。町営だから安いと思うと大間違い、立派な料金頂かれ部屋は広く文句なしも¥5000追加料理のアワビの小さかったこと、運んだお父さん自虐のつぶやき小さいアワビが耳に残った。

宿には洗濯機ないので手洗いも、日当たりよい部屋だったので苦もなく乾き差し支えなし、みやげ物にも見るべきものなく購入するものなし、本日のコースは道路良く信号なく車の交通めちゃ少なく、絶好のサイクリング道路で超おすすめコースと思う。自転車は輪行袋にいれずフロント入り口に預け、案内板動かし鍵止め効果対策とする。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【22:27】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ