6/16  都内から稚内、礼文島スコトンまで全輪行。

2014.06.20
都心目白のビジネスHで一夜明けた朝、羽田発10時半1時間前空港着で検索すると、8時20分目白駅発山手線乗車に、もしかしてラッシュアワーじゃん、悪い予感は的中駅まで徒歩2分のホテル出ると、駅へ向かう路上通勤通学の人の流れ半端じゃなく、輪行袋持ち込み乗車はとてもできんと断念。

羽田までの移動法どうすると思考回路スイッチON、思いついたのが新宿までタクシー利用し、羽田空港行きリムジンバスがベストと判断。数台の空車に無視され乗ったタクシー、運転手が素晴らしかった『この時間山手通り混み始めたので、裏道抜けてよろしいですか』に『どう走っても構わないよ、あなたにお任せ』と俺っち、裏道から裏道抜ける手際に感服、『よくこんな道知ってますな』に『いつもこの辺走ってるので』ラッキーだったな、あっという間に新宿駅前到着、タクシーチケットで¥1990支払、別途僅か¥200のチップ気は心。

羽田空港行きバス乗り場長蛇の列にびっくり、いつも乗客数人の都下京八駅前と都心新宿駅前の差、考えるまでもなく当然よな。8時半発のバス『ただ今予約で満席ですので、到着した車内見てから発券します』だって、次のバスはと聞くと20分後と言われ、所要時間40分なら楽に間に合うと安堵したら、空席ありで乗車でき予定より早めに空港へ到着。

定刻12時20分稚内空港へ到着、師範署長からのメールで寒いと聞き、覚悟していたが雨天9℃風冷たく閉口、乗り継ぐフェリー便までの3時間弱、付近散策ランで時間つぶしなどとんでもいない状況、フェリー港まで走るのすら濡れた身体で時間待ち、風邪でも引いたらアウトと思い埠頭までタクシーで直行¥3970、こちらチップなし。

乗船待合室に続々集まる団体客目に入り、輪行袋持参ビビッて1等ラウンジチッケット¥4830購入、自転車¥1420は手荷物になると無料だって、2時間の乗船で礼文島香深港到着。

礼文島も雨振り続き最果ての宿まで自走する気失せ、乗客子供1人だけのスコトン行路線バスに乗込み、45名定員の大型バス最後部座席を輪行袋と俺っちで占拠。途中停留所からお母さん1人、学校前から高校生4名が乗客になるも終点まで乗車は俺っちだけ。バス料金¥1230に自転車分として別途¥1000払おうとすると、運転手にそれは要りませんと断れ、チップも受け取らず感謝の言葉だけに甘える。

どうしても泊まりかかった日本最北端の宿民宿スコトン岬、驚愕の場所にある建物ロケーションに感動覚えるも、荒天で景観全く望めず、満点の若いスタッフの応対あっても、6月~8月の3ケ月しか稼働できない自然環境の厳しさが故かCP最悪で、これまで経験したすべての宿で残念ながら最低の評価、見るだけで戻るが賢明だろ。北の果てに泊まったら、南の果てにも泊まらんとなあ、俺っちにそんな時間ある?あと18日で79歳よ。
結局本日走行距離0km、無じゃ禅問答みたい。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【19:45】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ