5/24 大歩危林道迷走し三好市池田へ。

2014.05.26
日曜のイベントスタート地点が三好市池田町、大歩危宿泊では遠すぎると考え連泊取り止め、池田町での宿泊予定した宿が時期尚早で取り扱っておらず、期日近くなって申し込めばと思いすっかり忘れ、出発直前10泊予約宿チェックで、大会前日の土曜日宿泊予約もれ発見、大慌てで池田町に宿見つけ事なきを得て、本日はその宿までの移動日。

大歩危の宿まんなかから池田町まで、国道32直行したら20km少々で到着、朝方見送りの宿の若衆から宿横通る3桁県道272、林道に変わっても舗装のまま抜けられると聞き、迷い無くGO。道路端に伝説妖怪の木彫り像たくさんあり、撮りながら走るといつしか林道に変わり、こんな山奥に良く家があのと感心しながら勾配ある路面を走り、分岐路あっても7林業作業の道路で行き先表示なし、行きつ戻りつしながら上ること1時間越えやがて2時間、現在地を地図で確認できず、携帯電話で現在地確認するもアナログ地図と合致せず、いずれ下る道になるだろうと更に登坂頂上極めると、見晴らし最高の場所は広場になっており林道開設記念碑と、真新しい児啼爺発祥の地石碑、林道の碑は昭和51年7月設立と刻印あるも児啼爺の碑はなし、五角形屋根の山小屋もあるが朽ちはて、この地の作成意図が?

下り側は比較的良い路面で下りきると丁字路、頭脳感覚で右折下り勾配快適走行し、工事作業の人に山城方面を確認集落あり、腹減ったのでアンパン、牛乳、ポカリ購入。その後県道走り続け国道32へ出たが予想外の場所でびっくり、なんと大歩危から県道272で山に入って、県道271で小歩危に出るとは考えもしなかったわ、もしや妖怪の悪戯だったりして…

池田町手前の国道脇のレストランで遅い昼食、昼食時間終了で『カレーライス』ならできます仕方ないわな。国道から池田街中への県道5号線で対向なるしまジャージサイクリスト、明日のイベント参加の爆笑問題リーダー同姓、立川の旧いクラブ員だった。本日走行51kmだった、明日獲得標高5470mグランフォンド走る、前日なのに悪路林道で試走繰り返す俺っちってクレイジーかも。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【05:41】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ