5/21 徳島市から庵治温泉へ。

2014.05.23
朝方まで大雨降っており心配だった天気も予報どうり雨あがり一安心。ホテル窓から眺める遠方に雨雲残るも、次第に晴れ間が見えてくる予報を信じ出発9時。宿泊したホテルサンルート徳島は、JR徳島駅前にありホテル裏手は徳島城址公園、堀と石垣を撮影公園内ひと回りし、国道11号線を高松方面に出発、道路は広いが車もメチャ多く走りにくい、2kmもある長い吉野川大橋は歩道走行。更に橋二つ越えると、徳島空港へ向かう県道40が右方向に分岐してる、最終日このコース走るのは面白み無いなと思いながら通過、国道11を直行し海岸沿い走る1案を断念、県道12号線へ左折JR鳴門線沿いに駅舎撮影し、板野から県道1に右折山中抜けて、讃岐相生から国道11へ合流に変更。

池谷駅は鳴門線と高徳線の分岐駅で、線路が丁字路になっておりホームが全く離れた場所にあり、跨線橋で左右に分かれたホームは別の駅のような感じ、いずれのホームも片方面は徳島行で反対方面は方や鳴門、他方は高松でこんな駅は初めて見たな。以前埼玉県の吉川駅上下線ホームが、どんと遠く離れており驚いたことあるがあれ以来のびっくり。

ホテルからさして距離走ってないのに11時、ログハウスおしゃれな食事処『ピノキオ』、一度通り過ぎるも戻って開店確認、早めの昼食は山道になるので準備。モダンな店舗は内部もお洒落な都会風、お値段もお味も都心と違和感なく、贅沢言ったらわ悪いが物足りなかったな。店の選択間違えた自分が悪いのだが…

山道県道1に変わると車の喧騒とは別世界、道幅狭く上り勾配続くもマイペース走行で気分上々、対向行き交ったサイクリスト1人あったが力倆優れた気配あり敬服。頂上越え下り路面に入ると九十九折路面から見える瀬戸内海、集落の景観素晴らしく度々停車撮影繰り返し、下りきって国道11号線になり再度駅舎撮影しながら、高松市手前の岬に回り込み15kmほど走ると庵治温泉観光H『海の宿り』本日の走行90km。

関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【23:48】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ