5/11 グランフォンド京都200km完走。

2014.05.14
明朝弁当作成出かける時に警備員がお渡ししますと、前夜遅くに連絡あり一安心したものの、受け取った弁当開けたらちっさなパン4ヶとバター2粒、野菜サラダにドレシング、ゆで卵2ヶとフルーツだけ、飲物付いておらずパサつくパンをどう食べればよいの、ホテル庭先で食べたがバター固まっており、胚芽パン食べるも飲み込むが大変で1ヶ食べるのがやっと、残ったパン紙袋のままボトルケージに詰め込む。同宿に参加者他に2人居り皆さん満足できたのかね。

ホテルがイタリアン料理で米飯無く、前夜夕食もイタリアンのコースなのでパスタ、ほんとはお握りが食べたかったな。スタート会場八丁浜でショートコースに参加、8歳坊やと一緒に走る名古屋のお父さんに挨拶され、ショートコースといっても100km以上、8歳坊や走らせるは心配よ無理は厳禁も慌しくスタート開始。山中走りまわるコース不案内で前走者追走命、伊勢志摩のコースアウトの失敗に懲り、今回は誰かと一緒に走るが無難と判断二人連れに便乗。GPS所有確認しながらの走りでコースミス、一度戻って逆方向からAS到着する始末、渡された地図縮小しすぎで細部読めず、俺っちにはどうもならなかった。

何とか前半を終了綾部市からの後半はソロで走り、10km間隔で掲出されてる案内板確認しながら走り、迷うことなくコース通過したが大江山への上りで、対向下るソロサイクリストから、熊を見かけたので気をつけて下さいの声あり、あちら下り俺っち上り参ったなあと思いながら走ると、遠くからバイクの音あり轟音であげ通過にラッキー、長い下りから急直角上りに転ずるとハンガーノックで足回らなくなり、停車しとろけたバター塗りパン食べるも水分無く喉通らず、唾も出ず長時間咀嚼し飲み込む、もの食べるのにこんなに時間かけ苦労した事はない。1ヶだけ食べ終え自販機ある場所求め、苦しい登坂で頂上越え下りきると、あったぁ自販機がドリンク2本で残るパン2ヶ食べ人心地付き、走り出しT字路左折すると街中、道路左右に自販機多数あり参加者が集ってる、この間ラストASまで間隔あり、勾配もありコース最大の難所。

与謝峠の最終ASで待望のお握り口にでき元気回復、荒れた下り路面慎重に下り国道176に出て、雲原からの県道が渓谷眺める下り狭路、景観眺める状況でなく急ぎ走り抜けたが、ここはぜひも一度ソロで走りたい場所。大江高校前で国道175大江駅から県道55平坦路で何の苦労もなく福知山市内城脇でお疲れさんでしたで完走証頂き終了。

預けた荷物背中に福知山駅まで走り、本日の宿ホテルにチェックイン、スーパージャンボとジャンボ姫企画の蓼科イベントも無事終了の報聞き安心。レンタルPC借用ブログアップも考えたが、寝坊助が朝5時起き眠った方が身のためと就寝。13日帰宅後の報告となりました。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【02:01】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ