3/15 初の久米島上陸。

2014.03.16
朝8時半の1便に乗船せず14時の2便では、4時間かかるので到着18時で大会受付に間に合わない。宿から港はすぐ近く徒歩5分もかからないが問題は朝起きられるか、モーニングコール目覚まし設定が大嫌いと言うのは、少6のガキ時代のその昔、グローブ欲しくて新聞配達のアルバイトやってたのよ。遊び疲れでいくら眠っても眠い少年期、目覚まし時計の音で起こされてたのがトラウマになっちまったわけ。まあ昔の目覚まし時計のベル音は、とてつもなく大きな音だったこともあって、長じて目覚ましの音静かになっても好かん。遊具は自分で稼いだ金で買えばよかろうと始めた事で、苦しい家計を助ける小6バイトなら、美談だけど実はそうじゃないのよチャンちゃん。

で何があっても目覚まし設定せず、もし起きれなかったら参加しないだけ、ところがこれが起きられるんだな。今回も前日早くに目覚めたので寝不足気味、にもかかわらずしっかり6時過ぎ目覚め、も少し眠りたかったが4時間の船中長旅、そこで眠れば良いわとそのまま起床これが良かった。8時前ホテルをチェックアウト泊港まで自走で余裕だった、月曜日17日に帰るので往復チケット購入も、月曜は8時の朝便だけしかありませんだって、大会当日もその翌日も早起きかよ参ったな、普通年寄は早起きが得意なのに俺っち全く駄目、あんたはガキのレベルって、よく我が神に言われております、はい。

片道¥3300.往復で買うと復路は1割引になり¥2970.自転車は輪行袋収納で無料、那覇(泊)久米島間は2隻の船で運航されており、乗船したのは『フェリー琉球』大きな船だが船足遅く35km/h、屋久島、種子島航路の高速船の半分にも及ばない。途中で渡名喜島に立寄り結構な人数の人たちが下船、児童が歓迎横断幕持ち、新学期から赴任の先生方お出迎え、俺っちも大卒そのまま北海道へ赴任してたらと…止めとく神と自転車の無い人生なぞ考えたくもないわ。4時間も乗船してたが名も知らん島の脇通過を眺めたり、デッキの上で結構楽しみ12時過ぎ兼城港到着、ターミナル内の食堂の弁当各種¥500.カキフライ弁当求め日向に腰掛食べる、ほぼ完食は朝飯食べてなかったからかも。

大会受付場所は奥武島で泊るホテルのちょっと先、荷物背中に自走開始すると先走るライダー目に入り追走、地図で間違える心配なしと確認済みで、途中撮影楽しみながらに追走を切り替え。受付すませホテルにリュック預け、時間つぶしに空港方面へ向かい、コース試走大会用矢印看板目当てに走り、夕暮れ直前にホテルに戻った。
本日走行57km、3時間20分、AV17km。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【21:26】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ