2/18 種子島二日目雨中の移動。

2014.02.22
ツインの広い部屋で快眠7時過ぎ目覚め、カーテン開けると雨ジャンジャン降り。移動先が30km少々で近く気温も二桁あり、自走は問題ないがチェックアウト10時で3時のチェックインまで5時間もあり、その間どう時間費やすかが大問題。どこかで床屋が見つかれば散髪、ゆっくり昼食食べるで1時間、観光地図広げ見どころまわりで時間消耗かな、など考えながら食堂で朝食食べる。

10時出発昨日のコース逆走、よく間違えず来れたなあと感心する細路、分岐点から海方面へ左折県道75号線へ出て、目的地南種子方面と逆方向の犬城海岸目指す。暫く走ると⇒犬城海岸標識あり右折すると、急峻の下り道悪路となり雨で濡れた路面滑りやすく、のぼる帰りを考え更にパンクの不安も重なり途中断念引返し。前回雨降り浸水で懲りカメラを完全密閉収納し、簡単に撮影できる状態でなく、ただ低速走行続けるだけでは早着してしまう、思案しながら走ると見学歓迎無料の看板目にし、増田宇宙研究所正面入口へ躊躇することなく侵入。

入口前で合羽、シューズ脱ぎ用意されたスリッパに履き替え来館見学者名簿に記入、ガイのお姉さんから記念品渡され、『写真撮影自由です気楽にお楽しみ下さい』と資料館に案内された。黒バックの模型は光量不足でいまいち、壁面のパネル多数撮影、ビデオ映像眺め以前見た映画はやぶさの感動思いだし、日本の技術水準の高さを改めて認識させられた。

正午過ぎ見学終え合羽着直し、濡れたシューズ履き(これって気持ち悪いのな)走り出すとすぐ中種子で国道58に合流、街中出るところから国道58に進行、食堂のれん見かけ立寄るも応答なし、裏口に回るも人気無し再度入店大声掛けると暗い奥からご老体が姿現す、やれ嬉しやと何が出来ますか?と聞くと、指す壁に並ぶメニュー数多くあり、野菜炒め定食¥600.と鳥皮ぎょうざ¥300.を注文。餃子は仕入れものだったが野菜炒めは、小刻み野菜に火が良く回り美味しかった、人は見かけによらん爺ちゃんは達人だった。

ゆっくり時間かけ味わう、南種子町まで残り十数キロ店を後にしたのは13時半、南種子町中で床屋さん見かけるも、あえて時間潰す必要もなくなり、街中案内板地図眺め宿へ直行、途中分岐点で電話で問合せ迷うことなく到着は瀟洒なペンション、濡れた自転車掃除し輪行袋に納めず部屋の庭先に駐輪。自室温泉風呂のバスタブで身体温めリラックス、明日も雨が続く予報に路線バス利用し港へ直行と決める。

本日の走行35km 2時間15分 昨日32km 2時間9分 種子島3日間で走れたのは67kmだけ。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【03:37】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ