12/13 鹿児島ツアー2日目。 霧島市国分~垂水温泉

2014.02.14
朝から雨の天気予報ずばり的中、桜島一回りする迂回を省略、垂水温泉へ直行すれば40km少々で近いけど、気温も最高で8℃真冬の都心と同じ状態では、コンビニで合羽購入したが若くないので寒くて走れない。はてどうしたものか考え、とりあえず国分駅で調べると、鉄道路線は付近通っておらず、駐車客待ちタクシー窓に、各種カードシール添付されてるので、カード使用できるのかと聞けば、カード会社のチッケットが使用できるだけ、この辺ではカードで支払う人が居らず、どこの会社もカードは使えないと言う、空港まで戻れば、カード使えるタクシーあるというが空港へ戻るはアホよな。

ホテルに戻る道すがら市内国分バス停で、時刻表見ると1日3便垂水行きがあり、10時55分があるではないかこれに乗ろうと即断、急ぎホテルに戻り買ったばかりのコンビに合羽上下着こみ、準備してあった輪行袋転がし急ぎ底流所に戻り、5分ほど遅延したバスに5人の乗客に続き乗車、このバス大きな荷物置くスペースが前方乗車口横にあり、輪行袋が余裕で収納できる優れた設計、先客2名居り合計乗客8名だけ。途中1人降りまた1人と続き、最初からの乗客すべて居なくなり、途中から乗車した1名また1名の計3名も降車し、最後まで残った俺っち唯1名1時間以上乗車して¥1010.自転車の分とあわせ2名分払いますと言うと、いや1名分だけで結構ですとありがたいお言葉、手持ち¥10貨あるも気は心で¥1100.だけ払い感謝して下車。

路線バス車内に大きな輪行袋持ち込むなど、以前の俺っち脳裏では到底考えもしなかった事だが、BS NHKで正平ちゃんが乗り込む姿目にし、地方のバスは空いてるから輪行袋持込乗車できるとわかり、一度真似て実行しようと思っていた、思いがけず体験でき良かったあ。今回は三州自動車のバスでした運転手さんありがとう。

12時過ぎバス終点垂水港で下車、フェリーターミナル見学眺め周辺歩き、ここから出航するフェリーは鹿児島鴨池(南鹿児島)へ向かう、桜島からのフェリーは鹿児島港桜島フェリーターミナル到着、一昨年神とコラボ九州の旅では、垂水から更に40km先の南大隅町、根占からのフェリーで指宿の先山川港へ渡った。大隅半島と薩摩半島に囲まれた内海鹿児島湾(錦江湾)を航行するので、揺れるような事はほぼなく安全。

直線距離ではホテルはすぐ近くだが道路は大きく曲がり遠回りになる、合羽上下を着込みホテルに向かう途中で中華料理店で昼飯、『野菜炒め定食』¥700.と野菜スープ¥300.合わせて¥1.000.とんでもない美味に舌を巻く。美味かったよと伝えると有難うございましたと素直、厨房に幸いあれ。

ホテル到着時間早いので自転車を完全清掃、2時過ぎチェックイン立寄り湯で多少賑わっていた温泉、単純アルカリ泉PH値9.6で地下786mから50℃の湯が湧出、完全掛け流し温泉シャワーまで温泉とは驚き、身体がぬるぬるになり肌によさそうな気配がする、温泉好きの神にぜひ体験評価してもらいたいと感じた。夕飯でチョイスした『あら炊き定食』カンパチのあらが美味かったなあ。垂水温泉ベイサイドホテル『アザレア』一人旅での二食付き宿泊代¥8.000.はCP最高。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【18:33】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ