2/4 奄美大島へ三泊四日ツアー初日。

2014.02.08
旅行社からのパンフ眺め奄美大島楽しむ夫婦の旅、歩きの神と自転車のGで楽しむには路線バス情報が必須、ネットでゲットしにくい情報は現地収集しかない、されば行くかと思いつくとすぐ実行する俺っち、フリープランで申込んだ一人旅で、遠い南の奄美大島ツアー向かう俺って何歳なの、体力気力若さを失わない我が心身に感謝。思いついたらすぐ実行って、年老いるとすぐ実行せんと先がないからのうと我が身に言い聞かせ、出かけることを決め向かった奄美大島三泊四日の旅日記です。

東京からは1日1便しか飛んでおらず、しかもJAL便のみANA便なし筬長御免な五島も行くでな、フライト11時40分では寒い真冬自走は嫌よ、であれこれ考え今回はJR横浜線利用、横浜で京急に乗換直行で羽田空港。9時前家を出て自走八王子駅前で輪行仕様に、電車最後部に乗車京急は最前部車椅子スペース利用、羽田空港10時半到着窓口へ向かうと、呼ばれた専門係員やってきて袋内目視検査、袋内は自転車本体のみですぐOKとなり、保安チェックすませ空弁は『穴守稲荷すし』小さく濃い味も恋味と考え許すことに。

強風で到着遅れ奄美空港無事着陸、数艇のサーフボード共々係員から手渡され、ロビー転がし出口へ移動外へ出ると、風強く寒いし天気も良くないじゃん、客待ちタクシー運転手から『あんた見たことあるよ、どこから来たの』と声かかる、俺っち先々月も来たのよと暫く雑談、次は神さん連れてくるのでよろしくな。

走りだし暫くすると雨滴が顔にあたり、肌寒く空はどんよりにたまらず、目にした小奇麗な農産物販売所に逃げ込む、食べ物あるか問うと残念なし、空港から名瀬市まで国道58直行なら30km少々、海岸線沿いの県道81走ると50km余り、当初の予定は勿論遠回りの海岸線県道、写真撮りながら走る状況でなく、濡れるは御免と最短距離直行に変更し名瀬市街へ向かう。

5時過ぎ名瀬市内到着ホテル探し、前回ツアーで初日一泊したホテルなのですぐ発見、着衣すべてコインランドリーで洗濯、買い物食事に出掛けるも、夕暮れ直後はまだ子供時間故か数ある居酒屋すべて準備中、スーパー入ると物価が意外にも高価格、都市スーパーの特価安値は凄いと思ったよ。安値だったタンカン1kg¥499とコロッケ5ヶ¥250買って帰り、部屋で小さなタンカンお茶代わり10ヶとコロッケ5ヶ食べ満腹、洗濯もの部屋中に展開干し一段落したら眠くなり小一時間昼寝。

目覚めたら雪が舞ってる東京、八王子市内と高速インター付近の雪降る光景、地元テレビ局が繰り返し流す画面にくぎ付けにされた。いい時に東京脱出したなとにやりも直後、咳でぎっくり腰か動けず往生してる神からの携帯メールで固まる。俺っち居ってもどうもならん事で、反ってダブルベッドは独り寝が楽のはずと勝手に納得。食堂で遅い晩飯食べ風呂に入り明日のハード走に備え早寝。順序逆になってしまったが食堂終わってしまうので止む無し。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【14:54】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ