1/3 みかん農園から雨中激走で帰る。

2014.01.03
10年ほど前から親しく付き合ってる名護市旭川のみかん農園『長嶺農園』、ここ数年来自然災害受けタンカン出荷できず苦戦、今年も昨年同様ゆうパック出荷受け付けません年賀挨拶頂だいも、送り先限定し出荷も小箱対応で何とか頼んで見ましょうと、午後から50%雨予報無視して合羽背中にGO、早い時間に出かければよいものを早起き苦手、ホテル後にしたたのが9時過ぎ、これじゃ雨にやられても仕方ないわな。

昨日よりさらに暖かく気温23℃と聞き、濡れても足回しやすいよう短パン下着も薄手、風防ベスト着用せずライトも外す、しばらく走るとうっすら汗感じジッパー下げ、首元から風を入れると爽快股ぐらも冷え込まず、最初のトイレは道の駅『喜名番所』、前日はその後立ち寄る予定の名護も外人と即席列車編成で、しっこも忘れ車掌役に没頭、国頭村の道の駅まで我慢できた。本日は独りなので名護でゆったりトイレ。寒い冬だと宜野湾、北谷、喜名番所、お菓子御殿、許田、名護と6回も立ち寄らねばならず、暖かいと用足し喜名番所、名護2回だけですみ助かる。年老いるとトイレ近くなりイベント参加時などまあ往生するわ。

名護市内で60km市内旭川にあるみかん園まであと10km程、直行戻って本日140kmかな、まだ雨降ってこないが空一面雲広がり時間逼迫状況になる、本部へ向かう海岸道路から左折を間違え別な道へ迷い込み、山中迷走同じ道へ戻って琉球セメント前、守衛さんに旭川の場所問うも土地の人ではなく不明、SOS電話は留守電仕方なくUターン戻る途中で分岐道発見、やっとのことで農園到着、ミカン狩り来園者多数おり大繁盛中、久しぶり元気なタンカン嫁さんとご対面、来園者おみやげのみ限定で内地発送なしを、日頃の付き合い功を奏し快諾され、携帯からアドレス呼び出し限定数軒のみプレゼント送り状記入。

来た道戻らず坂道上って中山信号で県道84へ出て名護への下り、いやな奴がポツポツ降り出し国道58あとは那覇まで一本道、許田でトイレ雨足次第に強くなり堪らず安冨祖バス停屋根下で合羽着用、すぐ先恩納の有名なそば屋で昼食ソーキのつもりが売り切れ残念沖縄そば。混み合う店内見て急ぎ食べ終え再乗も益々雨足強くなり、一時は霧の中へ車姿消える伊豆スカイライン状態に、赤点滅尾灯つけ点灯宿まで残り40km弱激走。

本日も北谷の渋滞半端でなく、これじゃ全国一の交通渋滞地の浦添に匹敵じゃん、歩道走交え減速走行残るは15kmだけ、濡れても気温高いので寒気全く無く幸い、自転車族には沖縄の冬は別世界を提供してくれる天国じゃ。16時過ぎ久茂地のホテル到着フロントでウエス貰い、部屋持ち込みの愛車を『雨の中ごめんね』と言葉掛けながら清掃。濡れた衣類コインランドリーで洗濯、その間バスタブでからだ温め、洗濯終えた衣類部屋中にハンガー干し、階下の食堂でお気に入り寿司の夕食食べ、戻るとベットの上に大の字まずは睡眠。ひと眠りして後目覚めブログアップ、明日はクラブ員写真屋夫婦来沖楽しさ倍増するな。

走行距離151.4km 走行時間6時間57分25秒 AV21.7km 3日間合計403.02km


関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【23:10】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ