12/24~26 神と温泉二泊三日の旅。

2013.12.26
神さま持病の喘息症状を危惧し、コラボラン楽しむ企画実行できず年の瀬になり、近場の温泉旅行へでも出掛けましょうと、12/24~26の二泊三日で石和南伊豆へ出かけ、温泉大好き神さん満足させ帰宅しました。

24日(火)は俺っちマッサージ通院日、治療終えて帰宅後神さんと二人して徒歩で八王子駅へ向かい、駅デパ食品売り場で弁当購入、13時2分発特急『かいじ』に乗車、車内で弁当広げ食べ終えると四方津駅、最初の停車駅大月過ぎるころから、日陰の雪模様目に入笹子では一面雪化粧、長いトンネル抜け甲斐大和過ぎ勝沼に入ると、甲府盆地の眺望に雪全く無し、来年冬は日当たり良い甲府盆地を走る自主トレ取り入れ、アンチエイジングだなと心に決めた。

石和温泉駅まではジャスト1時間、ホームトイレ改修中で改札出た先トイレに駆け込む。駅前ぶらぶら歩きながら瑰泉先か、CHに先に行くか話合い我家CH先行と意見一致、折よく信号停車中の空車タクシーあり乗車、石和町河内のCHまで¥1520。俺っち庭木の手入れ1F掃除、神さ2F室内掃除と手分け、数か所修理箇所あり業者に依頼と決め不動産屋営業に連絡。馳せ参上の有能な若き営業マン浅坊、来年から独立営業開始という、一国一城の主とはおめでとう、モノクロラボ業の先行き不安感じ、スポーツサイクル専門店を兼業で、羽村駅前に開業したとき俺っち39歳、奇しくも浅坊も同じ39歳の妻子持ち、条件同じで縁起良いわ成功するでえ…

夜になってタクシー呼び瑰泉で食事、各種温泉楽しみ2時間少々『オギノ』まで歩き明日の食糧購入、自家用車持たない家庭でが偶にタクシー利用するは決して贅沢ではなく、車所有するよりはるかに経済的要は考え方よ。

石和CH俺っち部屋は階下だが暖房ない階下の冬は寒く、神さんに耐寒体験させるは忍びなく、面倒だったが俺っち布団2Fに運び寝床設え、神と布団並べて敷き詰め暖房オン、就寝時間速かったので夜半2時過ぎ目覚め、寝息立て布団被って眠る神に毛布掛け、電気点灯ブログ書上げメモし、翌日身延、東海道、伊東線と乗継伊豆急で片瀬白田♨で一泊、本日26日旅を満喫帰宅致し候。

関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【22:32】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ