11/8 九州支部訪問ツアー。

2013.11.10
11月8日からの金土日の2泊3日で九州支部訪問ツアーを企画。応募した参加者は誠三、家老、甲斐青に助っ人頼んだsamと俺っち5人、8日羽田空港朝一便で大分に向かい、空港で若隠居が名古屋から前泊滞在で合流、走行開始臼杵へ向かう途中、大分の自宅から走ってきた空港が、グットタイミングで日出街中で合流、前回と同じくsam知人のうどん屋で早目の昼食。

気合入ってる地元空港の先行が速く、負傷回復途上の若隠居離れ気味を気付かず先行集団二分裂、後方続くベテランは、後ろを気遣う指示出さなくては駄目だぜ、快走区間別大国道休憩する『うみたまご』直前、甲斐青転倒しエンド破損、Rメカ取り外しチェン直結で修復するも、強打撲ダメージから最乗できずSAM車にエスケープ。信号停車のブレーキ遅れ一瞬のわき見走が原因、青無念ここからナビゲーター。羽田宅に立ち寄り後走った狭い地方道が良い雰囲気で良かった。神崎で国道197へ合流道の駅『佐賀席』で地産みかん食べ少休止。臼杵へ直行なら坂ノ市からr205がトンネル抜ける新道も開通、近道だが海岸線周りが断然快適、急がば回れとじゃなく、サイクリングは楽しむは回れじゃとと覚えておこう。

佐賀関からトンネル抜け半島大きく曲がり込み臼杵湾岸を走る、ここ臼杵支部ランのハイライト部分、佐志生から内陸部に向かうと上り勾配、約100km走行し若隠居疲れ気味必死の走り、トンネルくぐり更に上りは続き、やっと下りになりホッとしたと思う、今回宿は石仏入口にある支部長親戚の宿、1日1組限定の瀟洒な宿こんな宿あったとは知らなかったなあ。予約後員数増え宿の対応慌しくさせすまなかった、samは青の打撲症状悪化し病院へ診察受けに向かい大忙し、その間臼杵湯の里へ地元メンバー1人、空港と3人で日帰り温泉でちゃっかり汗流すスマンのう。

臼杵支部長仕事で追われ忙し人生、7時過ぎ大和魂男一匹九州男児の典型と駆けつけ、懇親夕食会開宴となり盛り上がる。数ある支部でも臼杵支部は誕生初のNFC支部、思えば誕生はず~っと昔の頃、たぶんもう15年以上経過してるかも、南に遠く離れた九州に仲間が走り、北の果てにも仲間が走るクラブって唯一かと思う、俺っちクラブって最高だなあと自画自賛。クラブ支部の仲間は皆爺さんの宝物、全国展開の仲間達には大感謝、有難う爺さん果報者だよ。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【11:43】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ