10/21 飯田がやたら遠かった。

2013.10.23
計画では豊川ホテルを朝早だちして、飯田まで国道151を自走約130km、新宿行き高速バス輪行で八王子降車の予定だった。ところが前日の寝不足祟って、目覚めたのが8時を回ってしまい朝食バイキング、自転車組立ホテル後にしたのが9時15分。ルートラボで調べ距離123km最大標高1056m獲得標高2405mのハードコース、鉄路が国道から離脱する東栄駅からの輪行を考え、駅入り口を探しながら走るも行き過ぎポカ、バス停標識から7停留所行き過ぎを知り戻るも、無念東栄駅到着も5分前発車後で、次発15時9分まで間隔あって自走以外方法なしじゃん、駅舎同居の喫茶でうどん食べ腹ごしらえ、高速バス時間に間に合うわけなく、最終便に振替希望電話すれどウエブ予約解約は、PC上からのみとつれない返事。旅先でPC環境あるわけないだろ…

飯田まで70km以上もありコースも本格山岳路、明るいうちに到着できるかの不安的中、秋の釣瓶落としを実感させられるも、猫目の強力ライトの威力素晴らしく、真っ暗闇路面明るく照らし走行不安全くなし、と突然消灯点灯繰り返しで電池切れサインと知るも、スペア持参せずコンビニ頼りで走行、単三電池4本¥590高値も助かったあ。車速合わせる走りで路面照らしてくれたドライバー、後続車両数台引き連れ追われるよう走りすぎた車、貴方の心優しい配慮英爺に確り伝わったよ有難うね。

飯田市街表示板目にし食堂イン、味噌野菜炒め定食の晩飯食べてからの飯田市内が遠かったな。まず飯田駅に向かい時刻表眺めるも上諏訪まで行くがやっと、飯田市内に泊まって明日朝の高速バスで輪行帰宅ベストと決め宿探し、これがまた手間取りタウンホテルにチェックインできたのが20時過ぎよ、今朝豊川市内ホテル出てから11時間も経過、こちらも電池切れになった携帯充電しながら、本日帰宅できないことを家に伝える。

老夫婦経営の小さなホテル、4F大浴場湯加減ちょうどよく合わせてあるので入っての言葉、人気無い風呂でのんびり長湯で、疲れ癒したのが良かったのか嫌いな柔いベッドも気にならず眠れ、熟睡できたのは疲労してたからだろうな。

走行距離146km、走行時間8時間22分、AV17.4km。








関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【07:15】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ