9/29 信越五高原グランフォンド完走。

2013.09.30
9/28(土)信越五高原ロングライド参加するため、長野新幹線乗り継ぎ前日信越本線妙高高原に到着。家に携帯電話忘れたことに駅で気付くも、僅か2泊3日と短日程なのでまあ無くてもと判断、普段あまり使ってない携帯電話も結構便利な思いをしてたことに気づかされた。更に会場近くということから選んだホテルこれがCP最低、今年85泊目になるホテルだったが一泊二食付1人16800.旅の楽しみのひとつは食べること、夕食は和食膳だったが量の少なさにはちょいびっくり。すぐ直前泊まった北海道民宿の3日分料金以上支払って、食事は1日分の量にも満たない有様、確かに天然温泉露天もあって、部屋も広くて清潔で受付応対文句なしだったけど…

一夜明け雨の心配皆無の好天気に、風邪気味も大丈夫だろうと6時半会場へ向かい、7時から10名程度の小集団時差スタートでコースへ、朝飯食べておらず近くにショップもないので、ASで朝昼食ともにまかなうことに決めてたので、4箇所のASフル活用。斑尾高原からスタートして妙高高原、黒姫高原、戸隠高原、飯綱高原と走り抜け獲得標高2730mのこの大会、コースが上りと下りの連続、負傷した左ひじ疼痛走り続けると次第に痛み強くなり、後半は辛うじてハンドルに左手を添えてる状態、上りより下り曲路で右前ブレーキだけで、スピードを御す走りでライダーに追い抜かれ放題、いや大変な目にあいましたわ。

サン・クゼールからの最後の上り14km区間、チェックすませ早目にピット出ると、一本ハンドルでスニーカーのライダー息荒げて前走る姿、剛脚眺めながらペダルは押すのではなく回すもので、シューズは必需品購入を勧めると素直に女房に交渉します。剛脚が鋭脚に変貌すれば登坂力格段に向上間違いなし、一緒にフィニッシュすると感謝感動の握手求められたが、次回は俺っち技では太刀打ちできない存在だろうな。春先のツールド松之山温泉参加者からも、声かかり記念ツーショットすませ、預けたリュッ受け取り飯山線飯山駅めざし下山。

肘の痛みに耐えながら長い下り道飯山街内まで下り、15時22分長野行きに乗車長野駅下車近くのビジネスに一泊、予定では翌日佐久平下車、小海線沿いを野辺山越え韮崎から甲府まで自走、中央線特急で帰宅する計画だったが、肘痛み解消しないので無理せず、輪行帰宅に変更乗換1回で帰れるむさしの号利用するには、早朝7時37分発新幹線に乗車せねばならず、起きられるか心配も早寝したので余裕で10時過ぎ帰宅、神さんにどうしてこんなに早いの?とビックリされた。

昼過ぎ至福のオイルマッサージ受け夢の中、大会参加費、往復交通費、宿泊費、食事代加えると5万円近い金額を支出したのに、120kmの大会コース走っただけで帰宅は勿体なかったけど、体調不良でも完走できたので良しとするか…




関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【16:47】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ