7/29~30 小田温泉~大分~八幡浜へ。

2013.07.31
前日遅くの到着で体力消耗を考慮し出発10時過ぎに設定も、宿から出るやすぐの上り勾配延々十数キロが結構きつかったが、久住高原を越えると今度は延々と長~い下り勾配続き、車も信号も無く快適に走り道の駅『たけだ』で休憩。ソックス乾ききらず素足だったので足痛くなり、道の駅休憩中に日に当て、湿気多少取れたかなあ状態で着用。やはりロードはソックス履かんと足がしんどい。

竹田市内をスルー道の駅『ちょうよう』で昼食肉うどんが美味く、昨夜の宿で食べた料理より優れものだった。予定通り16時大分のゲストハウス到着。インターハイで東京から駆けつけたSamと日帰り温泉、マッサージ40分¥2990.は格安、疲れてる身体を労わりストレッチまで加え、時間超過しての良心的治療にチップあげるも辞され『またお越しの節は立ち寄って下さい』はなあ、家が近かったら日参しちゃうよ。

18時半から臼杵支部メンバー加わり5人、夕食は空港接待で宿至近の炉辺焼き屋だったが『りゅうきゅう丼』なる漁師の食事、これがめっぽう旨く神に一度試食させると、家で作ってくれるので次の機会に食べて貰いましょうな。宿は本日もゲストハウスだが阿蘇のそれと比較したら、どこでも格上になれる『くれせっと』¥3500.問題なし充分でした。京都の常用宿『島原』などミシュラン流に言うたら間違いなく☆☆☆☆。今回のネット検索で、此処一軒のみヒットで選択の余地全く無かったが、九州各地で開催中のインターハイがで賑わってたのが原因、大イベント開催は経済効果大で結構ですなあ。

30日9時宿前で自転車組み立て中、市内自宅から空港来て合流二人で、佐賀関まで自走11時発三崎港行きフェリーに乗船、70分で四国三崎港。三崎からアップダウン連続する国道を八幡浜へ向かう。八幡浜ビジネスホテルは生憎コインランドリー無く手洗い、自然乾燥だったが洗濯時間早かったので、夜半過ぎには乾き安心した。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【16:27】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ