7/27~28 阿蘇望120km完走+サプライズOP。

2013.07.28
『今から福岡を出ます、10時半頃着きます』の電話で、11時チェックアウトのホテルで出迎え到着待ち。阿蘇の状況は不明も熊本市内は降ってはおらず、出迎えの車到着乗り込む。

市内は雨上がっていたが阿蘇に近くなるとやはり時折雨降り、外輪山は霧の中明日のイベントは開催決定だが問題は今晩の降雨状況とか、夜の役員だけのBBQパーティは素人バンド演奏つき、中学1,2年生の女子各2名計4名の演奏と親父バンド、めちゃ楽しそうな様子眺め和む。

大会本部の用意してくれたゲストハウスが大変なシロモノ、狭い1部屋に布団4組如き並べ頭上も足元も余地なし、監獄部屋でもこんな狭くはないと思う、ここで眠れる?心配も無用だった、疲れてるのかいつしか夢の中、朝も早くからお目目パッチリ、トーストパン1切れ食べただけで雨降る中を会場へ向かい、参加者総数900名Aコース600人の中に混じり、レース前壇上から一言挨拶後120kmコーススタート。

直前から降り出した雨に合羽着込むも、草千里への上りで汗ばみ雨も止み合羽脱ぎ、肌寒さ感じながら19℃の霧で視界悪い外輪山路面を周回、一度スタート地点へ戻り昼食もそこそこに再出発、後半の地蔵峠で脚力使い切ったか最後の俵山がきつかったなあ。ここで後方から来たライダーから『鳴嶋さんですか出発前のご挨拶に感動しました』と声掛り、役立ったかとちょっぴり嬉しかった。

2時40分何とか完走待ち受けた空港と本日の宿小田温泉に向かう、R202小田温泉標識目標に走るも、道路サイドに案内板無く杖立温泉まで行き過ぎ、小国まで戻って向かう大迂回、宿から心配の電話2度頂戴7時過ぎやっと到着、本日走行299.4kmああしんど。

飯は美味しいとも感じることなく食べ終えたが食後の風呂が天国だった。露天洞窟風呂に癒されマッサージ治療受けやっと人心地。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【05:42】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ