7/14 富士から身延線駅巡り。

2013.07.14
6時過ぎ目覚めまずは洗濯帰宅遅くなると予測、庭先に干さず部屋中にハンガーで吊るす。8時43分甲府始発特急『ふじかわ』乗車、朝食は駅弁を車内で食べる予定だったが家でた直後、エアー甘いと気づき加圧に戻って時間ロス、甲府まで向かって乗り遅れ心配になり、途中駅南甲府から乗車に変更。早起き少し走ったこともあって腹減り、富士駅までほぼ2時間かかり、空腹癒しておきたい思いで、駅周辺走りお店を物色するも皆無、『いなりずし』販売の駅前唯一の店舗も早朝開店前、あきらめ自販機の茶1本で空腹癒し。

到着した3両連結最前部運転手後部へ輪行袋置き、前方眺め90分乗車し富士駅へ到着、数年前と違い改修されたコンコースが素晴らしい、サンドイッチ¥260.で遅い朝食。輪行袋担いだ若者が隣に現れ、横浜から来て初登頂の富士山へ向買うという、ロード組上げそれではお先にと立ち去る青年年見送る。

富士駅を出発し街中見かけた『うなぎ』のぼりに誘われ、食べたばかりの朝めしに続き昼食うな丼¥2100、身延線方向へ走りまず柚木駅、線路脇に道路続き堅堀、入山瀬、富士根と順調にクリアし源道寺がバス停あるも見当たらず、次富士宮到達に戻って駅探しあったあ、西富士宮から道路と線路が離れ、持参の地図も頁の切れ目で裏表印刷きわめて判り難く、最初のミステークはチサンCC抜ける峠越え、下り途中で静岡県道182と気づき延々上った坂を逆走、元へ戻り25号県道上り直し、駅間長いと思ったら芝川駅で沼久保駅を見落とし、またまた坂を逆走駅探しに脇道入り徘徊も探せず、時間大きくロスしバス停標識沼久保撮影し駅探し断念、次稲子でやっと10駅クリアするも、此処でまたミス国道469へ分岐戻る始末、次の十島までが遠かった。井出、寄畑、内船、甲斐大島駅と過ぎ、先日来訪したばかりの身延駅。

時間も17時半そろそろ輪行せんと帰りが暗くなると思い、電車待ち時間考え波高島駅で輪行ワンマンカー乗車、2両連結車椅子スペースに輪行袋、南甲府ではなく別駅下車で自走と東花輪駅下車、夕暮れで山向こうに陽が落ちあっという間に暗くなり、しょぼい点滅ライト頼りにならず脳内方向感覚で走行、小瀬運動公園前で現在地確認ほっとする、通り過ぎた食堂に戻り夕食注文は刺身定食¥2100.店主の食材説明つき鮮魚7種盛り合わせ、素晴らしい感動もの価格考え期待もしてなかったのに目から鱗。

帰宅後自家風呂にのんびりつかったが、ブログ作成の気力なくまず眠ろうとベットメイク、明日は休養だなあと夢の中で考えた。本日走行 111km 6時間弱は1時間の超過。 トタール距離506kmあと160kmだな。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【23:34】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ