7/13 山梨県道3号から33号周り73km。

2013.07.13
食事を見直し初日朝、部屋にあったカップラーメン(シーフード味)とバナナ1本にそば茶2杯、食べないよりは良いだろう程度、本日は曇天でいつもほど気温上がっておらず、走りやすいかもと考え家を出ると南甲府駅めざす、いつも走る甲府に向かう道を走ればよいものを、近道しようと河原土手走ったのが悪く、あんれまあ合流点になり駅の方面へは行けません、道も未舗装路になり労多く駅なし(笑)ほぼ最初から走り直し、極楽トンボなら橋なしでも自由自在だけど、悲しいかな修行中の身で匠の道の遠いことを実感学習々。

で南甲府駅へ到着も電車とほぼ一緒、タッチ&ゴーでも乗車するは微妙なのにスイカ使えません、切符購入では先客も駅員に引導渡され断念、自販機でお茶購入飲むと急いだ直後で汗噴出す始末。駅舎カメラに収録気をとりなおし、前回撮影開始した甲斐上野駅までの途中駅5駅めぐり、芦川の食堂で昼飯食べて行き先考えることに、ところが甲斐住吉、国母、常永、小井川、東花輪と身延線各駅、地図上では県道3号線沿いに並んでおり、いとも簡単のように思えるがいざ走ってみると、どっこいこれが難題で線路沿い国母駅に向かい大失敗、自分の居場所まで判らなくなり往生、急がば回れは真実と認識。

明日はどこへ出かけようかと、地図眺めながら思いついたのが甲府駅から身延線終点富士駅まで輪行、身延沿線線駅舎を巡り、愛車と共にカメラに収録しながら帰宅する案。10時42分甲府発特急『ふじかわ』に始発駅まで行かず、南甲府から乗車楽しようと企てたのが裏目に出た、悪いことはできないなあと反省。明日はひと電車前の特急ふじかわ4号8時43分に甲府駅から乗車、朝食は駅弁で再挑戦を決意(そんな意気込まないで…お爺ちゃん歳考えてね)天の声(故高橋夫妻、郭兄、上弟)が脳内よぎる。

芦川の食堂で昼食は野菜炒め定食ご飯少なく、¥750を¥50引いときます¥50貨持ってますので払います、押し問答あり好意に甘える個人食堂はこれが嬉しい。また来てくださいの言葉に送られ、食事前地図広げ思いついた県道36鳥坂峠1020m越えで帰宅。   走行73km。 トータルで395km。あと3日かかるな。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【23:19】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ