5/31 京都市内から綾部市まで。

2013.06.01
京都に滞在した三日間連日小雨降ったり止んだり、走りを楽しめる日ではなかった、それが本日朝から好天気雨の心配全くなし、6/2(日)天橋立で行われるロングライド参加で本日は綾部市まで、明日宮津市へ向かう余裕の行程にしたのは、のんびり写真撮り楽しむ走りをしたかったから。

物流車両多い国道9号を避け府道29から保津峡抜け、府道50を線日吉へ向かうつもりで宿を出るも、初訪問した嵐山でお上りさんになってしまって大迷走、同じ場所へ出る愚挙マップル見ても判然とせず、想定していたコース走るを断念、国道9へ戻ることにしたら8km標識場所で、愛車メーター17kmを計測は大損じゃん。距離だけでなく時間もロスし尿意、朝食まだを思い出し24時間営業『餃子の王将』、たらトイレ清掃中お待ち下さいの表示、待てねえんだって…

車両洪水の9号国道を亀岡で府道25にエスケープ、田園風景アップ楽しみ『出雲庵』で十割そばの昼食、日吉からは府道80喧騒から解放され満足の快適ラン、丹波須知で暫時9国走るも、蒲生から国道27へ分岐すると大型車激減、綾部までの約40kmは走りやすく5時過ぎホテルイン。遠回りで走ったので本日走行距離103km5時間半AV18.6kmホテル到着1時間遅れ。

シャワーで汗流し洗濯中に駅で帰りの切符買い、八百屋で凸ポンとバナナ購入ホテルに戻って、洗濯物部屋に持ち帰り自然乾燥、眠くなり仮眠目覚めると8時半、ホテルレストラン9時オーダーストップに寝ぼけ顔で晩飯食べる。餃子と酢豚ご飯不要と注文する、父さんウエイター『どこから自転車で来たの?』俺『なぜ自転車って知ってるの?』彼『ホテルのオーナーなので客情報はわかってます』だって、スキー、ゴルフの薀蓄から結構なスポーツマンのよう、MTB乗ってるけど自転車の呼吸法はわからんと言う。からだが小さいので、ゴルフでは力負けするがスキーはそういうことはないと力説、69歳家系が高血圧で薬が手放せないのが悩み、高齢になると薬とお友達の方多いが、薬とは全く無縁の俺っちって幸せだよなあ。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【00:56】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ