4/14 大会DNS ソロで綾部まで走る。

2013.04.16
貸切状況の宿の朝、肩首の痛み若干やわらいだ感じも、イベント参加するはとても無理、朝風呂入ってゆっくり朝食、食後女将に車で丹後半島付け根の海岸線を網野まで案内され、ここから自転車組み立て県道17、16、9とつなイで走り綾部市目指し、JR輪行で京都に向かう事にする。

部分的にイベントコース走ることになるので、来年っ参加する際の参考になりそう。県道16宮津野田川線に入ると車の通行全く無くなり走りやすし、10km走ると宮津から綾部に向かう県道9綾部大江宮津線に変わると、対向車両が山道にしては多いと思ったら、日曜日で天橋立観光に向かうものと納得。俺っち走る方向には台数少なかった。

酒呑童子の里、元伊勢内宮、外宮と田舎道に観光地点在カメラ持ちのんびり散策、老い先の走りはこんな展望になるのかも、場所が北近畿タンゴ鉄道宮福線沿い、輪行しながらも可能となれば90歳代でも楽しめそう。自転車の世界って素晴らしいのう…

コースは山の中コンビニは勿論、自販機もありませんの大会案内注意書き通り、山中抜けるコースは最高疼痛さえなければ楽しめたのに残念。走行70kmで綾部市内に入り空腹感感じ、コンビにでこっぺパン、牛乳でまずは当座の空腹感なくし、大阪ピンクガイに着信メールの返信。

輪行組立て中に京都行き特急発車したので、多分次は1時間待ちぐらい覚悟で切符売り場へ向かう、京都までと言うとお客さん電車発車します、これ持ってそのまま入って下さいって証明書渡され、急ぎ自転車持って階段駆け下るとホームに駅員、普通電車待たせ俺っち乗車待ちよ、いやあご親切には感謝ですわ、でもなあ転んだりしたら困ったのでは…俺っちは別に自業自得で割り切りますが、世の中いろ~んな輩がおるでのう。乗車したら京都までが遠かったので、次の車両まで待たせたら悪いと思ったんだろうなあ、心優しい駅員さんあんたに幸せ宿ることを祈ってるよ。

結構長い時間乗車して後園部終点、ここで快速乗換で京都到着、宿泊先ゲストハウス探すにやや手間取るも無事入館。間もなく大阪ピンクガイの訪問あり、京都駅間へ移動約束の夕食を食べ歓談、来月の若狭センチュリー帰りに京都に立寄り、自然発生的にできた自転車老人の集いがあると聞き、一度ぜひとも体験したいと思い再会を約し別れた。

ゲストハウスに戻り部屋常備のPCで数日分のレポートブログ作成送信、明日は新幹線帰宅で余裕の夜更かし午前3時、肩首疼痛本日が一番楽になった、明日は小田原まで走り自走に切り替え自宅へ向かうつもり。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【12:12】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ