4/13 夕陽ヶ浦温泉宿泊 ツアー三日目

2013.04.15
鳥取市内からスタートした今回の旅は、初日新温泉町浜坂温泉、二日目竹野町竹野と兵庫県下で二泊、三日目本日は京都府に入り丹後市網野町夕陽ヶ浦温泉。休暇村竹野は京都府道1,9,11号線が三分岐する場所にあり、城崎温泉へ泊まった初回裏日本走では9号線、ソロだった二回目は城崎温泉ではなく、香住温泉泊だったので海岸沿いの11号線で、分岐点に泊まった今回は9,11どちらでも好きに選べたが、迷うことなく11選択海岸線を前回とは逆走、港大橋渡り10km走って国道178合流、久美浜湾岸5km走り道の駅『くみはま』あいにく昼時、食堂満席に日当たりベンチでラスクせとかの簡易昼食。

宿まで5km足らず到着も同然、チェックインまで時間あり網野駅から八町浜海岸、町内一回りのんびり走り再度網野駅に立ち寄る。初回裏日本縦走ランでは、北近畿タンゴ鉄道線のこの駅前で、途中数日同行したクラブ員と鉢合わせの偶然があり、盛り上がったことを思い出した。お隣木津温泉駅でも駅舎眺め時間つぶし、ふるさと創生一億円事業一律配布された一億円の交付税は、この辺では駅舎改装に使われたと宿の女将から聞いた。

山菜採りに野菜づくりに熱中がんを克服し元気溌剌の女将、自然を愛す事から大地から命の恵みを受けていると肌で感じられる、人間熟成すると見えぬものが感じられるようになってくるようだ。排尿感から目覚め寝床から起き上がる夜半、毎晩首肩の痛みに往生し続け、布団のこの日は最悪状態になり、大会参加断念は賢明だったと判断。来年再挑戦まで楽しみが持続させられ、早起きすることも無くかえって良かった?とすべて自分に都合良く解釈し熟睡。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【06:31】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ