4/11 鳥取空港から浜坂温泉 ツアー初目。

2013.04.15
早朝3時半起床バス停まで自走4時20分発リムジンバスに乗車、羽田空港へ向かい6時40分発ANA鳥取行きに搭乗、8時半無事現地着陸、雲厚く寒く風強いはでサイクリング不向きな天候、家に居たら表へ出ることなく間違いなく終日部屋の中だったろうに、数日前から痛み出した肩痛左から右に移り、首回すにも難儀で国道走行は避け専ら県道迂回を選択。

まずは朝飯前なので空港で弁当食べてと思うも、朝が早すぎ?何にもありませんで仕方なく超スロー走でお店探し、砂丘入り口手前で営業中の喫茶店発見、オムライス注文まずは腹ごしらえに没頭、懸念してた空模様さらに悪化雨降りになり、コンビニで¥500雨合羽の購入よ、着てみると防寒着となりその後薄日射す天気に回復も、暖かいので横着決め込み着たまま走行。

アクシデント予測したわけではないが、1日走行距離をこれまでの半分に抑えた事に助けられ、ゆっくり走っても3時直後の早めに宿入り、体調不良なのでこれは有難かった。鳥取空港から浜坂の温泉宿まで、たった46kmを3時間半かけて走ったので、アベレージ何と13.1kmだぜ。国道避けて浦富海岸、東浜居組トンネル抜けず山道走ったと言え13.1kmAVは過去最遅値ありえん。

砂丘を歩いたらクリート砂がクリートに付着、ペダル外せなくなり伊豆の悪夢の再現にびっくりさせられた。浜坂温泉到着後の宿探し大変かなあと思い、トンネル抜けたら目の前に『魚よ屋』看板に目が点??この宿部屋はきれい食事は最高で料金は格安¥9800. コスパで比較したら俺っち宿泊体験した数百軒の温泉宿のベスト1だな、料金安くてもよい宿があることを痛感、仲居さんたちに自転車来訪を感動されるも、首筋から肩甲骨周辺が傷み、笑顔の応対に苦慮。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【00:47】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ