3/15 嘉義→水理→日月潭 89km。

2013.03.25
荘社長の見送り受け宿から出発、本日目的地は日月潭で台湾通の俺っちも、何故かここだけ台湾国内唯一の未体験観光地。で当然道路状況皆目不明も100km無いと聞き、なら回復した誠三昨日の二の舞はせんだろうと安堵。

伴走車もアップダウンある3号線を避け、民雄、大林、斗六まで1号線平地走行、斗六から3号線林内、竹山、集集から16号線に変わり、ローカル鉄道集集線に沿って走ると多数の観光客で賑わう水理、おしゃれなレストランでトイレだけちゃっかり借用。ここは独りでのんびりサイクリング楽しみたい雰囲気充満した観光地、次は神同伴で訪問しようかなあと、あれこれ考えてしもうた。

頂崁で梅漬売店で試食小休止お土産購入後21号線に分岐、ここから登坂路になるも前日に比べイージー、前方に反省したか元自衛隊が誠三擁護し走る姿目に安心、尿意解消場所探しながら走り野立で解消。サイクリング道路トンネルが分岐する地点で皆で少考、そのまま国道を選択走るとこちらもすぐトンネルになって、トンネル通過し下りになってすぐ、日月潭休息処で若人観光客多数おり大賑わい。

宿泊は湖畔の教師会館、蕪愛想の職員応対に曽朋友ここは国民党経営、奴等お客さん来店少なくても国家経営で倒産の心配ない、サービス精神に欠けていると批判、罪捏造で収監されている陳水編元総理、軟禁状態に変更嘆願してる知識階級からの要求も無視され、台湾人であっても国民党支配で潤ってる人達も多く、野党の逆転は見込み薄く残念、郭先生も遠い世界から同じ想いで居るだろうなあ、とよく聞かされた政治談議を思い起こした。

走行89km 4時間27分 AV19.9km 3日間走行389km。

関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【09:19】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ