3/14 屏東→国道3号線→曽文水庫→嘉義170km。

2013.03.24
高雄から電車で屏東駅に到着した鄭朋友を、伴走車で迎い入れ出発9時。本日のコースは距離長くしかもハード、本音は早い時間に出発希望も、同行する元教錬が高雄市から到着待ちでままならず、『心配無い大丈夫よ』の台湾的アバウトに乗せられてしまった。

今日走るコースはツールド台湾で走るコースの逆走、屏東駅前から出発すぐ国道3号線に入り、九如、里港、旗山、南化、北寮、玉井、楠西と憶えある地名を走り抜け曽文水庫ダムで小休止、ツール参戦時は忙しく通過した場所でひと休み、景観楽しめるは個人ツアーでなければ味わえず。

ここまでは全員ほぼ足並み揃え走れたが、その後大埔から長い登坂路で脚力差もろにでて、頂上では先頭から後尾まで時差1時間、全員揃うまで汗が冷え寒くなる。反対側永康方面からバイクで上って来た、男女大学生一行と皆の到着待つ間、記念写真所望されたりで盛り上がる。

体力使い果たし誠三到着も時間なく、休ませることままならずそのまま長い下り、途中大学生一考に追い越され伝水、中埔から18号線を嘉義目指す道中、脚力消耗しきった仲間居り、日暮で暗くなって未知の外国、ここは絶対スロー走行だろうに、配慮も無く伴走車追走するアホ奴に呆れプッツン。ガキの走りで海外走るは無謀というもの。

国道1号線ツール定宿『二階堂商務旅館』にどんと遅れで到着。経営者のFEMCO荘社長の出迎え受け、豪華台湾料理の夕食接待にお土産まで頂き、いつも変らぬ社長の好意には感謝で頭が下がる思い。誠三食事中気分優れず退席したが、体力の全てを使いきってしまっう無理は禁物。気楽にサポートカーにSOS頼むがベスト、生涯スポーツに無理は厳禁。
170km 7時間33分 AV22.4km 2日間合計300km。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【22:10】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ