四国二日目3/1四万十市中村到着。

2013.03.07
天気予報では午前中から雨降りだし、午後はほぼ100%降雨率に、須崎まで行かないと鉄道通っておらず、山中道路を雨中の出発も嫌だしなあと思案、夜中に目覚める度に空模様探り一夜明ける。起床6時幸いまだ降っておらず、7時からの朝食済ませたら即出発出来るよう、荷物をハンドルバーに括りつけ朝食すませる。

今にも降りそうな天気が気になり、食事もそこそこ鉄道が並走する国道56が通る須崎まで20km余りを急ぐ、雨降ったらコンビニで合羽購入は、コンビニ見当たらず安易な考えと知る、須崎でKマート発見も気温低く鉄道輪行が最善と判断雨中の走行断念。駅標識見て国道から街中に向かい駅舎発見、時刻表見ると10分前に発車し次は1時間20分待ち、次の土佐久礼まで約10km走ることに決め国道に戻る、幸い雨滴時折ぱらつく状況下土佐久礼駅に到着、駅前何も無し40分待ちで特急南風1号乗車。

地元のお父さんに『お爺ちゃん雪駄で元気だねえ』と声掛けられ、3両連結のデーゼル車に乗車中村まで¥1260で乗車1時間。終点中村駅に下車すると本降りホテルまでは1kmほど、まずは昼飯たべようと自転車組み立て、雨中走ってうなぎ幟ある食堂へイン、四万十天然ウナギ丼¥3500期待裏切られ、硬い冷凍うなぎの切り身が並ぶ丼にがっくり。

食後隣の理髪店で時間つぶしの散髪、東京の人は1~2時間も美味しい食事求めて並んで待つんですね、こちらの人は待てませんって、東京の人だって待たん人たくさん居るんじゃ、待つ奴の方が少数派よテレビの誇張偏向放映は日常茶飯事、地方の方よ騙されないでな。自分の都合に合わせた絵づくりバラエテイ系は時にひどいな。

チェックイン時間に合わせ時間つぶしも限界、雨降って無ければ走りを楽しめるがこれでは仕方なくホテルへ直行、早いチェックインも問題無く応対され安堵。コインランドリーホテル内に無く、案内された近くの店へ向かうと¥600.¥800の大形機器のみ、濡らした衣類洗うと手持ち衣類では寒さに対応できず往生。明日からは好天が続くようで今だけの辛抱。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【07:58】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ