2/7~2/8 宮古島から那覇へ。

2013.02.09
2月7日(木)この日は海岸線走らず、内陸走る国道390を終点まで走って、保良から沿岸道路県道83へ出たが向い風と僅かな上り勾配に泣かされ、連続7日間走行の疲れも加わり低速走行に終始。東平安名崎はグリーンベルトの遊歩道走り、海側眺めながら外壁補修修理中の灯台をぐるりと回ったが、こちら西平安名崎とは大違いの景勝地。朝寝坊で9時までの朝食時間に間に合わず朝食なしで走っていたので、初日のゴルフカントリーの展望レストランで早めランチ。

ウエイトレスの娘さんに『あら!お顔日焼けしましたね、冬でも日焼けするんですね』と言われたが、自分では鏡眺めてもわからないけど、家に帰って我が家の神からも同じ言葉が出るかな…
昼食後県道83号ひたすら走って風力発電機先の西平安名崎眺めしょぼさ再確認、それにこの東西の区別が俺的には東西位置が判然とせず、地図眺めると更にその思い強くなるけどな。

次はすぐ近くにある有名な雪塩製塩所に寄り道、アスリート用錠剤塩を購入宅配依頼、先ほど競輪選手が立ち寄ってくれました、女子競輪の1期生の方もつい先帰りました、最近上級選手の方がよくトレーニングに来るようですなど情報を頂戴。ホテルに戻るとメーター100kmを僅かにオーバーしてた。

2月8日(金)あいにく朝から雨、午後3時の那覇行きANA便搭乗、宿のチェックアウト10時で時間ありすぎ、空港近くのマッサージ院に立ち寄るとらしき店舗なし、ピポパするとこの電話は現在使われてませんって、お店閉店じゃん最新号のガイドブック情報がこれではなあ。仕方なく隣にあった大きな食堂で早い昼食食べてると、『なるしまさんですか』と声かけられ、東京板橋の方でJCRC時代の昔、俺っち名前の表彰状何度かもらいましたと、思いがけない再開を喜ばれツーショット写真まで所望されるとはうれしい限り。
 
キャンセル出て空きが出ましたと連絡くれた宿『らくちん』投宿、連休で明日の宿なくロビーパソコンで探索、那覇、南部、北谷と見当たらず恩納村でやっとゲット、夕食後ホテルに戻るとオーナーとばったり、こちらも再開をひどく喜んでくれ何度も硬い握手、気持ちが通じ合うのは嬉しい事よな、この宿開店以来何年になるかな。我が家に帰ったような感覚は得がたい宿。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【00:16】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ