11/21 自転車人生の極み。

2012.11.23
島根県のはずれ津和野で迎えた2日目の朝天気良し、9時益田支部からの輪行組到着し小さな街中くるっと案内され、寝起きの身体には厳しかった坂上って太古谷稲成神社見物。

前年秋のランで『うり坊の郷』で猪鍋に舌鼓、時間押してしまって夕暮れ迫り、津和野に向かい急ぎ走ったヘキサ13、今回は津和野から須佐に向かう逆方向走行、馬草峠450m頂上が県境で暫く下って国道315右折トンネル越え道の駅『うり坊の郷』は山口県。

休憩後須佐に向かい再出発須佐大橋で景観眺め小休止、須佐の街中しゃれた割烹宿で箱膳弁当、食後は当日オプションで高山ヒルクライムとホルンフェルス断崖見物の二班に分かれ散策、ヒルクライム班戻り待つ間、また遅くなりそうな筬ツアー気配感じ、『田吾作』宴会前にホテルで汗流し、まったりが良かろうと判断、ヒルクライム班に宿へ先行を伝え国道191田万川に向かい先行。

田万川でトイレ休憩すぐ出発仏峠トンネル避け地方道、後続ヒルクライム班に追い抜かれ再度国道191でるとすぐ、今度は人形トンネル迂回する海岸崖上り、メカ匠後尾に続き頂上越え再度国道へ抜け、ペース上げた先頭集団追走のまま、小さな波乗り道路苦もなくクリアも益田街中手前で心拍いっぱいチギレるも、回復待ちすぐ軽トラ利用し追走開始する完全燃焼ようやるねえ。

ホテルの風呂場でオリンピックに『会長昔と同じ走りが変わってません』と言われた、その昔毎週共に多摩秩父の山中走り回り、こ奴も頂点極めた自転車人生歩んでるのだなと思うと感慨深い。

頂点目指し人生歩んだ若者と底辺拡大目指した老人の自転車人生コラボレーション、お互い人生から自転車除いたら…と考えると自転車に感謝し一生走り続けような。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【11:55】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ