11/18 雨の中琵琶湖一周を楽しむ。

2012.11.19
前日の雨、朝方上がるも予報では琵琶湖北部降水確率50%、若隠居の目覚し音に目覚め、すぐ近くの駐車場に向かうと本日の参加者40名以上も集結、3つのクラスに分けられ雨になりそうな鉛色の北の空に向かって出発。

走行ペース亀班並みのゆっくりペース、琵琶湖一周走れるのか少し気になるも木之本からペース上がった様子。賤ヶ岳手前若隠居御と連れ立ち尿意感じ隊列離脱、其の後若隠居ペース上げ追走するも先行集団前方に見当たらず、賤ヶ岳上りから小雨トンネル抜けた湖岸路で本降り、寒い雨中走行続け最初の休憩コンビニへ到着。

前方走ってるはずの集団が道間違えたか続々到着、小休止後、鯖街道で浜焼サバを食べる寄り道組と湖岸直行の二班にここで分かれ、食べる組で鯖街道へ向かった。大きな浜焼サバを薪ストーブで暖とりながら食べ、サバが大きすぎ飯食べずに満腹、これは美味かった満足。

食事中あと10km上ると後は琵琶湖大橋まで下りと聞いたコース、食後まマビックホイール借用、走りだした若隠居追走すると突然停車、ホイールの具合でも悪いのかとそのまま先に向かうと、遠く目に入った健脚三人組の走る姿、俺っちの実力では距離ありすぎ追走無理かと思うも、先頭回して走らないので追いつくかもの期待も持て、後方付け回した走りから自力に転じ追走開始、上り勾配なので先行ペース上がらず徐々に車間詰めあと50m、俺っち脚力も限界目前に運よく横にマビックカー、車両後尾に入り追走決めるとここで1人脱落。

先行2人後尾に付け幾つかトンネル抜け上りは続く、ついに俺っちも限界目前、車間少しずつ開くもしぶとく走り続け、先行ペース落ちたのを見て再度の追い上げ成功。しかし、長い距離でじわじわ追い上げの脚力消耗たたり、頂上まで1.2km残し力尽きた。

何とか失速せず下りに入るも足攣りそうな気配あり、無理せず回しながら大渋滞の脇を細心の注意で走り抜け、琵琶湖大橋直前で先行2人に呼び止められ休憩。思いきり力使って燃焼でき、多くの皆さんからは歓迎され、楽しく過ごせたことに感謝。サイクリングの素晴らしさが少しでも伝わればこんな嬉しい事は無い。又楽しみに誘って下され。
関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【23:52】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ