1/31 明日から九州の旅だよ

2016.01.31
明日からの今年2回めの旅立ちは佐賀空港から始まり、長崎、熊本、鹿児島と九州4県走って、16日鹿児島空港から羽田に戻り自走で帰宅する、14泊15日全走行距離1000km弱を予定している。

仕様車はNAKAGAWAオーダーロード、ホイールはGOKISOスーパークライマー前輪チューブラー、後輪クリンチャー25C
メカはDA電動22速BBがGOKISO製なので、チェンホイールはスギノコンパクト。ギヤ比はよくわからんが老爺なので登坂考え低レシオ、ペダルはLOOK,パットなしタイツにビブショーツの重ね穿き、サドルはAXライトネスカーボン、タイヤはコンチネンタル,後輪パンク対応でポンプ装着タイヤレバーと換えチューブ、工具入れボトルで持参。も一つの小ボトルにレザー、カメラと携帯の充電器、ポケ三脚等小物類収納、下着は薄手冬用長袖と半袖重ね着に薄手の長袖クラブジャージと袖無し夏用ジャージ。背中3ポケにデジカメ、携帯電話、財布と老眼鏡、着用衣類は全て毎日洗濯、翌日反復着用し荷物は最少限にしリュックに背負う。

20代の大昔からボトル飲料水は一切口にせずで持たない、理由は不味くて飲めないので我慢続けてたら、真夏でも台湾走っても水持たず、平気で走れる身体になってしまったのよ。水が体内に入ってこないので、身体の防衛反応発達したのだろと勝手に判断してる。

輪行袋は前輪のみ取外すタイオガ製、手持ちはせずチャック開き後輪転がし楽々徒歩移動、宿泊ホテルに到着すると自転車解体輪行袋に収納、部屋に持ち込むので年間100回以上袋詰めしてるので達人。鉄道輪行の場合は何時間でも輪行袋脇に常に立ち座、空いてる車内でも着席しないが、坐った方が他人に迷惑及ぼさないと判断した場合のみ着席する。 

何時間もサドルに腰掛け走って腰を屈めた姿勢続けたのに、腰を伸ばせる絶好のチャンスにそれをせず、また腰掛けて腰を屈め同じ姿勢を続けるのは避けるが賢人。自転車乗りは腰に負荷掛るので、腰痛が持病になりやすい、日頃の心がけがとても大切なのよ。老婆心ながらも一言追加したいのは、人間歩くのがすべての基本歩くことも重要ですぞ、自宅の階段昇り降りは音を立てず忍者の足捌きで,意識してこれらを実行すれば目から鱗。

明日は現地で60km以上走る朝便なので、6時半のリムジンバス利用し空港へ向かう。今回は往復ANAマイレージ特典利用の無料搭乗券、次回3月も同じく今年中のANA便は全てただ乗りで行くつもり。
スポンサーサイト

1/29〜30 ベロドローム観戦の旅

2016.01.30
修善寺CSCベロドロームで開催されてるアジア自転車競技選手権大会、最終日観戦をSamに誘われ金曜日に行く事に決めてたら,土曜日が雨又は雪予報がほぼ確定となり雨なら当然クラブラン中止。それなら決勝種目多い土曜日観戦が楽しかろうと、前泊で出かける事にして金曜日マッサ終了後、迎えに来たSamレクサスに同乗、途中小田原うな和で定番昼食うな重。

当初宿泊予定してた仙石原イタリ亭に手違い発生,急遽クラブランで利用した強羅の紀州鉄道Hに変更、勝手知ってるので当日予約の宿変更。うな和では主に喜こばれ食事しながら、談話盛上り楽しいひと時過ごしたが苦労人の話は実になる。かまぼこ鈴広ショップに立寄り,デパートのような店舗内眺めかまぼこ板画展見学したが、かまぼこは籠清が好きなので鈴広では見るだけで店を後にした。

雨は降り止む気配なく降り続き、企画ラン時苦労した強羅駅からの強烈なアップも、本日はレクサス軽快な走りで到着、大湧谷SOSでいっとき休業状態だった箱根温泉街、警戒レベル1に下がり客足ちょい復活したようだが、暗くなった頃隣国の傍若無人輩集団が大型バス3台で到着,静かだった宿が急に騒々しくなり参った。

本館大浴場で仲良し8人組爺様GPと一緒になり、同国人の気安さから喋りかけたら、何と同郷八王子在住者おり話弾む、俺っち住む町のすぐ近くじゃん世の中狭いわ。どこぞの会社に勤め退職した老後も親しく交流、30年になるとか群れる楽しさは最高だよ、大和民族の素晴らしさが肌に伝わり気分高揚した。同じ共同体で苦楽を共にした仲間意識、俺っち体験した事ない世界だが傍から見てうらやましい,今の働く若者達に果たしてこういう体験できるのだろうか?

気温下がって来て雨降り続く窓外眺め、明朝雪に変わらんこと祈りながらいつもより早寝。一夜明けた早朝6時過ぎ朝風呂に向かうと、間もなくSamも目覚め風呂でおはよう、雪にならず済んだことを喜び合った。朝食後樹氷の国道1号から大観山経由、霧の伊豆スカイラインゆっくり走行CSCベロドロームへ向かいレース観戦。

初めて見る250m短走路のピスト競技国内選手の非力さも目につき、残念ながら俺的には全く面白くなかった。





1/22 我家に戻る

2016.01.23
昨夜ピザ屋のデリバリー食べ過ぎで朝方食欲全く無く、8時食堂スルーPCのみ返却し玄関前に出る、曇天だが雨雲無く空港までの自走は問題なし、フライト10時55分余裕の時間10時迄には空港へ到着したいと思い、9時前チェックアウト東京と違って寒くないのは有難い。

地方空港は羽田と違っていずこも空いてて、待ち時間不用それでも帰りの便はほぼ満員状態、座席回りはすべて元娘職場の仲良しメンバー、隣席レデイのみ石垣出身とか、その他お仲間埼玉県のキャデイさん達、楽しそうな様子が伝わりお菓子頂戴し、気づけば仲間入り運動の効用を力説、皆さん俺っち年齢知って納得,埼玉県人だったら隣組同然どこかぜ偶然再会あるかも…

羽田空港到着も座席が後方で退席遅れ、途中トイレにも立寄って更に遅れたら、ターンテーブルで輪行袋が廻ってたよ。ANAでは体験した事ない光景を、このJAL系会社では見せてくれました。機内サービスもこまめにドリンクおすすめあり、トイレ近い高齢者は注意が必要と感じたな。

天空橋まで京急で最前部車両で輪行、下車すぐのEVで1F改札抜け、も一度別EVに乗車すると地上出口、直前が消防署で昨夏の木古内合宿のよう。14時20分自走開始多摩川土手上道路、またも工事中で狭い迂回路走らされ,多摩大橋渡り対岸土手下道路に進入も,車両で混雑路面も狭いので脇抜けるも困難に嫌気、土手上に上がりCR走ると今度は強烈な向い風、仕方なく剛脚じゃない老脚懸命に回し登戸、都心で目にしなかった残雪路面隅に目立ち、日野橋渡って国道20号に進路変更すると、路肩残雪山盛り状態に自宅まで、常にキープレフ走行は無理だったなあ。

17時回り暗くなりかけ自宅無事到着、今年初の今回の4泊5日サイクル旅行、走った距離たったの150km少々だけなのに、
疲労感やたら強く思い当たるは、往路積雪の道路1.5km駅まで自走、都心への鉄道輪行2時間と往復のフェリー輪行2時間、更に島内1時間越すバス輪行に、往復航空機5時間半の輪行が原因じゃ。坐るはサイクリング自走時だけ心情の俺っちに、今回の旅はとてつもなく苦痛の旅だった、でもめげない爺さん休めばすぐに回復、各々方心配は無用じゃて。




1/21 石垣島にUターン

2016.01.21
朝から雨も昨晩風弱く幸い本日上原港からのフェリー便あり、港が徒歩数分の至近距離なので助かる。10時前チェックアウト雨の中自走2分で発着ターミナル、数分で輪行完了10時半発途中鳩間島経由1時間で石垣、乗客少なく乗客以外のスーツケース類多数。入口近くに積み込まれ俺っち輪行袋置場所なく、3人掛け座席間に置かれたのでその後方に座った。乗客の皆さんすべてドア閉まる前方席、俺っちと1人の外人のみ扉無い定員24人の後部座席、雨降る海上猛烈な波しぶき、超喧しいエンジン音に外人さん堪らず前方客室に逃げ込む、俺独りだけティッシュ耳に詰め込み居座り、戦場もここまで騒音連続しないのではと勝手に想像。

海面眺めて1時間で気づいたのは、海面って水平ではなくて大きなうねりの連続ってこと知った。うねる海面眺め大きな二つの波に乗り上げ、タンカーが二つ折れになる事故を理解できた。着てたダウンも海水と雨の飛沫で濡れ、手指舐めると塩辛く顔面も同じく、海水ってこんなにも塩辛いと知った、80爺ちゃん小学生の学習してたら石垣港到着11時半。雨降ってるので宿は駅から近いが、迷う事無くタクシー乗車、すぐ近くのベッセルホテルへ向かい、タクシーから降ろした輪行袋フロントに預け、雨傘借用昼食食べに街中へGO!

チェックイン時間14時まで2時間もあり、街中勝手に歩き回りどこかで食べようと、あちこちカメラ向けながら徘徊し食事処探し、民家の路地入口で間かけた、小丸のカレー屋看板に興味持ち進入すると、お洒落な庭は和風食事処風の店、注文したカレー食べながらあれこれ喋るとこの人、神宮前出身レデイで千駄ヶ谷も詳しく隣人同様よ、ぜひも一度再訪下さいとなり、5月連休前が空き狙い目とか、雑誌の編集やってた経験もあり、鎌倉にも造詣ある様子伺えこれは神誘ってみたらとふと感じた。

来客あったので13時店を後にし、残る時間おみやげ品物色だなと、ガイドマガジンで見たアーケード街捜し当て、特産品販売センターで与那国行ったつもりのつもり爆買いで、気分良くしたおかんから小腹空いたら食べてくださいと、ひとめぼれ(ちんすこう)頂戴しちゃったよ。77点で計\27843現金持ち合せだとこうは火炎買え

ホテルに戻り濡れた衣服洗濯機に放りこみ、濡れた靴は新聞古紙で脱水乾燥干し、晩飯時間も雨降りに外出取り止め、ピザーラに出前取り寄せ済ませ、レンタルPCでブログ作成風呂に入ってリラックス。ベッセルホテルは良く利用するホテルで、ここ石垣のは特大ベッド2台の大きな部屋、夕食付いてないものの価格はVillaの半額だぜCP最高じゃん。何よりも部屋が明るいのがグーよ。

1/19~20 西表2日間を蝸牛走り

2016.01.19
改めて昨日のテレビ映像眺め、時間帯が昼時だったがよくぞ羽田まで輪行できたと感心した、到着した石垣島ホテルの部屋は何と、冷暖房切替不可冷房25℃で固定、北は北海道から南は与那国島まで、日本国は小さい国だが実に南北に長い国だなと驚嘆した。パンフレット眺めてたらハブのいない島とあり、俄然興味湧き行ってみたくなったどうしよう。今回往路の搭乗時間3時間半で台湾並み、与那国島訪問を改めて体験するには東京から遠いので、今回旅での複路搭乗券を放棄し与那国へ足伸ばすも有り、はて滞在数日の決断どうなりますかな。

こんな風に考え向かった西表島だが宿のある上原港行きフェリー欠航、別港大原港まで向かい島内陸路1時間越えるバス移動よ、距離にして35km程度で走って向かいたいけど、地理不案内に加えて夕暮れ迫ってるので断念、フェリーチケットでそのままバスに乗車でき、到着上原港から徒歩5分もかからず到着したVilla西表、白亜の殿堂はオーバーだが瀟洒な白いコテージ、ユーザーの評価も良かったので落胆も大きかった。

洗濯機洗剤とも無料は有難いが寝間着、スリッパ、歯ブラシ、腰掛、机、時計、鏡、ポット、茶器類すべてなし、食堂テーブル上にも調味料各種、楊枝、ティッシュ何にもなし、禅を極め無の境地に達したオーナー経営?とふと感じるも、利益追求の気配を肌に強烈に感じられた。島の自然を大切にエコ云々は隠れ蓑としか思えず、北の果てスコトン岬の宿で痛感したと同じ気持ちになり残念。全国隅々まで年間100泊越える体験してるが、もし各宿にランクつけたらこの南北最果てのこの両宿、不動のワースト10入りだろうと思う、不思議なことに両宿ともにスタッフ娘が親切で好印象だった。

皆さんから高評価の食事もままごと料理、尾頭付きだったらどんと豪快に切り盛りされてるが普通、鯛頭に金魚の切身じゃ甚だアンバランス。連泊体験しメインのみぞれ煮魚と朝食は満足したが、多くの人が高評価してるのはどうにも解せない。

夜は強風吹き荒れ一夜明け20日朝、天空全面厚い雲に覆われ雨降りよ、雨合羽持参しなかったが雨脚弱く、低速走行で島内西部の行き止り白浜まで、随所で止まって撮って、往復して、何となく納得して宿へ戻り手早く洗濯も、湿度高くからっと乾かず不快、明日の石垣も本格雨降り模様でどうもならず。与那国行き計画など天候不不順に霧消、優しい神の元に戻るわ。

1/18 雪にめげず老爺飛びだす南国旅の初日

2016.01.18
天気予報ずばり的中昨夜から降り出した雨は、夜半から雪となり目覚めた朝方には大雪。昨日の超寒さに雨降れば雪は覚悟してたが対策なし、朝になってから羽田空港までのアプローチ考え、フライト時間帯にピッタリのリムジンバスあり、ネット予約するも当日受付NG、予約切符なしで向かっても大丈夫と思ったが、もしや雪の影響振替え希望者多いと無理かもと断念。

結局動き出してるJR輪行に決めた、住宅地の我が家付近とても自走できる状況になく、車往来する裏通りに出るまでの数十m徒歩乗り混ぜて向かう、幸い裏道車の轍跡走って難なく大通りに到達、暫く車往来のない大通り曲がってから国道16号、ここは幹線道路で車の往来多く自走諦め、歩道を歩き踏切横断した先で車途絶えるを待ち横断、後はまっすぐ八王子駅南口コンコース、いつも輪行作業してるスーパー裏、薄手ゴム手袋脱ぎ冷え切った指先で、車体とホイールを古チューブできつく結束。年間三桁の数輪行袋に出し入れしても傷の心配皆無よ。

鉄道輪行も羽田まで3通りのアプローチあり、本日選択は横浜から京急空港行き特快利用の横浜線回り、ところがホームに向かうと始発駅扉閉じた電車居るも、停電回復信号機点検完了し連絡待ち、間もなく発車のアナウンスあるも一向に動く気配なく、その間続々乗客集まり、始発からこれでは先が思いやられるので、中央線利用に予定変更ホームを変更、階段下りるやすぐ来た電車に乗車したら、乗客混雑する車列真ん中の5号車で位置が悪いと思うも動けず、ダイヤ乱れ後続車両遅れてるため、主要駅で時間調整で待ち時間加わり、都心新宿駅近くではかなりの満員、新宿で降車山手線品川回り京急の別コースあるも、遠めに眺めた山手線ホーム混雑にそのまま直行はベスト選択だった、四谷、御茶ノ水と多数乗客下車し車内がらがら、神田で京浜東北線に乗換えるとこれが有楽町、新橋通過で浜松町、スムースにモノレールに乗車13時6分しかも快速、羽田空港までが25分、JALのカウンター客居らず輪行袋も素早い応対で検査終了、しかし良かったのはここまで。

航空機延着で10分遅発になり搭乗口も変更され、大きく移動させられ1Fからバスで搭乗機に向かう、搭乗したB737座席半分も埋まらず3人掛け1人使用で楽々だったが、3時間20分の乗車時間は台湾に向かったと同じよう厭きたよ。石垣空港到着自転車めちゃ早く手にし空港出発18時15分、近いと思った宿まで15kもあり途中暗くなり、レンタカー会社の親切な兄ちゃんにカードOKのタクシー呼んでもらいホテルイン、空港が新空港に変わり俺っち地図が古かった、今年初旅初ちょんぼ早くもやっちゃったって感じ、でも旅って楽しいなあ止められんよ。

2016合宿参加者募集

2016.01.13
自分の予定だけ報告し他人の事は知らん顔、これは俺っちとして少々心苦しいので、皆と楽しむ合宿計画も考えましたぜ。
早くに発表すれば誰しも予定するに好都合のはず、でど〜んと6月島根県益田市、7月北海道木古内町、8月秘境九州椎葉村、春夏3ヶ月のいずれも月初め6日間を合宿期間としたので、参加希望者は自分の都合に合わせ、ぜひ参加してほしいと考えて下され、あなたの自転車人生広がりますぜ。三つの合宿いずれも6日間開催で、それぞれ市、町、村で行われるので市町村合宿だよ。

まずは益田合宿は6月1日(水)〜6(月)まで島根県益田市泊まり、益田支部の仲間と交流親睦を深めます。益田合宿は神さん帯同で三段峡温泉の景観楽しむ予定。7月は昨年と同じく北海道木古内合宿で、7月1日(金)〜6(水)まで宿は一昨年泊まった石川屋を予定しています。8月は九州支部椎葉班再訪の2回めスローラン合宿、8月2日(火)〜7日(日)まで実施、こちら前年の宿全館貸切り予約、2日と3日はなるしまフレンド社員旅行とし、老いた世代から若い世代にと、親睦交流が途絶えない事願って、椎葉期待の若人と我が社次世代との交流仲介じゃ。昔源平も同じ大和民族同志よ、未来永劫に親睦交流が続く事を切望。

合宿参加者は昨年と同様現地までは自己手配で集合,滞在日数は各自フリーで宿泊日数のみ連絡下されば、宿泊先のみ当方で先着順に確定し、定員を越えた場合のみ別宿手配になります。8月の椎葉合宿のみ俺っちも社員旅行に同行して,熊本空港からは脚力で3班に分かれ、それぞれ別コース自走して椎葉目指します。尚社員旅行メンバーと同行希望する人は、ご一報下されば往路の同行は可能です。(1泊6〜7000円予定)

以上が本年度の合宿予定です,この一年間も走りを楽しみ生きてる喜びを分かち合えたらと考えております。俺っち昨年夏に日本男子の平均年齢を越え、終焉も視野に遺影撮影すませたが残り人生楽しむべく、我が歳も忘れ5年間で日本全国500泊する大計画を思いついた、俺っち日米開戦時の帝国軍部首脳判断のよう、これは俺っち間違い無く大和民族の末裔の証拠と満足した。方々今年一年も老いぼれ爺さん見守って下され。

その後確定した全旅程。

2016.01.11
本年度第4弾の4月の旅、正月中あれこれ検討の結果、以下の予定で走り回る事に決めた。往路の空便はANAマイレージ利用、4月5日徳島空港へ向かって神山温泉まで移動の初日から始まり、次の6日は土桂ランド温泉、7日はもみじ川温泉まで戻って、8日徳島港から和歌山港へフェリー輪行し和歌山市内泊まり。

5日目は和歌山市内から海岸線を約90kmちょい走って田辺市内泊まり、翌10日も同じく紀伊半島海岸を走り最南端の紀伊大島の民宿。11日は紀伊半島先端を回り込み熊野灘海岸線走り熊野市へ、12日から山岳コースになり十津川温泉へ向かい、今回の宿は昴ではなく山水を選択ここに連泊。14日は山中抜けて奈良県五條市、15日津市のビジネスに泊まり、翌16日は松阪港からフェリー輪行して愛知県西尾市のみかわ温泉。

17日は浜名湖三ヶ日から湖北回って浜松市内のビジネス泊まり、18日は静岡駅前静鉄ホテル泊まり、19日清水港からフェリーで伊豆半島土肥港まで輪行、大瀬崎から西浦海岸の景観富士山を楽しみ沼津市の同じ静鉄ホテル泊まり、20日は御殿場線沿いに走り神奈川県山北町の中川温泉。最終日は中川温泉から半世紀程前に走った、悪路の犬越路越えて見ようと思っている、そう念願の白神山系走破が可能な体力がまだあるのか、今回の犬越路走行体験で判断したいと考えてる。

80歳の年齢になるとやはりかなりの制約を日頃感じてるから,無理と自覚したら強行はせんつもりでいる。末永く走りを楽しむが、俺っち何よりの望みなので、途中断念するようなハードランは、最初から企画しないつもりよ。

2016年1月も三分の一終了した、今年の走りに特に目標はたてないけど、ただ走り抜ける旅から停車して眺め知る旅へ転換、なるべく同じ道を走らず別道走行と考えている。また輪行の活用で行動範囲を広げようとも思ってる。取りあえず4月まで61泊の予約完了したが、4月の搭乗券は1月25日以降発売なのでまだ購入してないが実行は変わらない。

2016年防府競輪まちがい抱負

2016.01.06
新年おめでとう本日が今年初のブログアップです。昨年度は全国全県宿泊走破を目標に走りを楽しみましたが、年度中期の7月4日満80歳誕生日を迎え,85歳までの5年間で全国走り回る500泊計画が脳裏に浮かんだ。そんなわけで今年の年頭での目標は特に無く、500泊計画の推進で取りあえずこれまでの通過の旅を、連泊しその土地周辺を細かく走り眺め知る旅に変換より楽しもうと考えております。

正月まず何処をどう走るか連日地図を眺め、PCでルートを読み比べ検討を重ね、これまで利用してたトラベルサイトも新たにじゃらんに変更、本日1月から3月までの走行計画を確定させたので以下詳細を発表します。
まずは1月の旅は18日羽田発JAL直行便阪急トラピ利用4泊5日石垣島からスタート、19〜20はフェリーで西表島へ渡り連泊、21日は竹富島を経由し石垣に戻り22日帰京、羽田からいつものように自走帰宅する。

2月は2日から15日まで14泊15日の2週間の長旅。こちらANAマイレージ利用、2日羽田まで自走後佐賀空港へ飛び波佐見♨️からスタート、3日長崎県西海市4〜5日長崎市内で連泊し、橘湾沿いにサイクリング国之津港から天草本渡へ、6日〜7日天草市港町で連泊ここ基点に天草上島探訪、続いて8日〜9日は同じく天草市大江、昵懇になった平野屋BENに昨年に続き連泊、10日更に続いて天草市深海町に泊まり、牛深港からフェリー長島蔵之元から九州本島は何度も走った道路、今回は初の鹿児島県川内市内泊が11日。

翌12日は開聞岳眺める海辺南九州市の別府料理宿、13日は山川港から根占港前回の逆コースで佐多岬ホテル、14日は鹿屋近くの山中の宿、15日は同じく鹿児島県霧島市隼人町京セラホテルに泊まり、翌16日鹿児島空港からANAマイレージ特典利用で帰京。本年度18泊を完了、5カ年500泊計画は目標の85泊を達成となり残り415泊。

3月は2月より更に長期間走る旅となり17泊18日、鉄は熱いうちに打ての格言実行、年寄りの冷や水と笑うなかれ、男は幾つになっても冒険心を失うな,これ俺っち信念じゃ間違い新年だったな。
高知空港と高松空港と間違えたのが昨年最大のミステーク、今年はどうなりますか???
カテゴリー
最近の記事
過去ログ